5歳のラッパーがシカゴ・ブルズを盛り上げる

NBAのシカゴ・ブルズの試合で行われたハーフタイムショーに、弱冠5歳のラッパー・Zaza(ザザ)が登場。ネットで話題の小さなラッパーが、堂々のパフォーマンスを披露して会場を盛り上げた。

Chicago Bulls/YouTube

レッドカーペットの上を真っ赤なミニチュアのオープンカーで登場したZaza。ブルズのユニフォームを着た彼女は、チームのマスコットキャラクター“ベニー・ザ・ブル”からマイクを受け取る。そして、コートやミニステージを動き回ってダンスしながら、自身の曲「That’s A NoNo」で可愛すぎるラップを披露した。

続いてダンサーたちを従えたZazaは、2曲目の「What I Do?」も披露。クールな表情と独特な声でラップしながら、力強いダンスで堂々たるパフォーマンスを締めくくった。

Zazaは両親が管理しているInstagramで4歳のときから活動しており、フォロワーが160万人を超える正真正銘のラッパー。これまでにウィズ・カリファのTwitterに登場したり、ミッシー・エリオットが動画を紹介したことでも知られていた。

今回披露した2曲を含めてミュージックビデオも公開されており、「めちゃめちゃ可愛い」「ドープでカッコいい」「将来が楽しみ」と世界の注目を集めている。今後の彼女の成長から目が離せない。

ZaZa/YouTube

ZaZa/YouTube

TAGS