“黒の衝撃” 読売巨人軍、漆黒のYohji Yamamotoを纏う

読売巨人軍が、1981年のパリコレから現在までトップランナーとして走り続けるファッションデザイナー・山本耀司が手掛けるブランド「Yohji Yamamoto」とのコラボレーションを発表した。

今回のコラボでは、「Yohji Yamamoto」のシグネチャーであるブラックをキーワードに、深みのある漆黒に白いチームロゴや背番号が鮮やかに浮かび上がる、まさに“黒の衝撃”と呼ぶにふさわしいモードなユニフォームをリリース。9月6日(火)から東京ドームで行われるDeNAとの3連戦で選手たちが着用する。また、この3日間は各日先着15,000人を対象に「Yohji Yamamoto特別ユニホーム」のプレゼントも予定されている。

7月5日に行われた発表会には、コラボユニフォームに身を包んだ、高梨雄平、吉川尚輝、岡本和真、大勢の4選手が登場。吉川選手は「普段は白のユニフォームが多いので、真っ黒いユニフォームがカッコイイなと思います。着心地も最高です」と笑顔を見せ、岡本選手は「このようなめちゃくちゃカッコいいユニフォームをデザインしていただいてうれしいですし、それを身にまとって思いっきりプレイしていきたいなと思います」と意気込みを語った。

なお、今回リリースされたプロコレクションユニホーム、プロコレクションキャップ、そしてヘルメットシールの3点を特製BOXに収めた「PREMIUM BOX」が、7月5日(火)正午から7月31日(日)午後11時59分まで、球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で期間限定発売されている。

TAGS