清原和博、薬物依存との壮絶な戦い 「銀座クラブで大暴れ」の真相

2016年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手・清原和博。日本全国に衝撃が走った出来事から4年が経った2020年6月15日、彼の執行猶予期間が終わった。執行猶予の満了と時を同じくして、清原は逮捕されてから現在までを綴った『薬物依存症』(文藝春秋)を出版。

執行猶予明けを目前にした2020年2月、清原が銀座のクラブで泥酔したのちに暴れ、現場に警察が出動する事態になったと一部週刊誌で報道された。本書では、この事件の真相についても語られている。

清原は逮捕後、病院に通い依存症治療に励んでいた。ところが命に危険が及ぶほどの量の覚せい剤を常用していた、いわゆるオーバードーズ状態であったため、薬物使用を止めた現在では後遺症のうつ病、そのなかでも症状が重いとされる「大うつ」を患っている。

以前は家からも出られないほどだったが、数年をかけて症状が改善していくにしたがって、外出や飲酒も楽しめるようになったという。回復しつつある時期の心境を振り返った清原は「『飲みたい』と思えること自体が幸せに感じられました」と記している。

症状緩和への光が見えたのもつかの間、清原はそのまま薬物への欲求から逃げるようにアルコールへと依存していくことになる。そんな矢先に起きたのが銀座での事件だという。

当日、清原は読売ジャイアンツ時代の担当記者と飲んでいた。医師にアルコールを控えるよう助言され、日常生活での飲酒量を減らしていた清原だったが、それが裏目に出てしまったという。飲酒量を減らしていたところに大量のアルコールを取り入れてしまい酩酊状態に陥り、同行者たちと「酔っぱらっている」「酔っていない」という押し問答になっていたところを通報されたのが事件の顛末だ。

当時のことは深く反省し、現在はアルコール依存症も克服しようと治療に励んでいるという。本書では清原が逮捕されてからどのように薬物依存症・アルコール依存症の治療を行ってきたかなどの経緯についても詳しく記されている。

TAGS