“女王”シャーロット・フレアー、NXT女子王座返り咲き

日本時間4月6日にフロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行なわれたPPV『レッスルマニア36』の2日目が配信された。王者リア・リプリーとNXT女子王座に狙いを定めたロイヤルランブル戦覇者シャーロット・フレアーが激突。

試合序盤、シャーロットはリアをひっかけて倒すと「これがNXTの王者だ」と侮辱してチョップの連打を繰り出した。この挑発にリアもいきなり必殺のリップタイドを決めるとドロップキックからのジャーマンスープレックスを放ってシャーロットに攻め込んだ。
さらにシャーロットがリアの左ヒザをストンピングやポストに叩き付けて集中攻撃すれば、リアはヒザ蹴り連打やドロップキックをシャーロットの顔面に叩き込んで両者互角の攻防を展開した。

しかし、最後はシャーロットがヒザを痛めたリアを捕まえるとそのままフィギュア・エイトで締め上げてタップ勝ち。シャーロットがリアを破ってNXT女子王座に返り咲きを果たした。

TAGS