カブキ・ウォリアーズ、無念の陥落 アレクサ&ニッキーがWWE女子タッグ王座返り咲き

日本時間4月5日にフロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行なわれたPPV『レッスルマニア36』1日目が配信された。カブキ・ウォリアーズが因縁の元王者アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスとWWE女子タッグ王座戦で激突。

試合序盤、カイリが「何これ?変なの」とアレクサの髪飾りを馬鹿にして挑発すると、アスカも「なめんなよ。しばくぞ!こら!」とニッキーを威嚇。これにアレクサとニッキーがトペ・コンヒーロやクロスバディで攻撃すると、反撃とばかりにアスカがアレクサをコーナーポストに叩き付け、カイリもハリケーンラナをニッキーに決めて「ワシらがチャンピオンだ」と息巻いた。

さらに激しい攻防は続き、ニッキーがアスカをフォールすればカイリがインセイン・エルボーでこれをカット。一方、アスカがアスカロックをニッキーに決めると、アレクサがツイステッドブリスでカットしてお互い譲らない白熱のシーソー戦を展開。しかし、アスカがポストに誤爆すると、最後はニッキーがスピニングネックブリーカーでカイリを沈めた隙にアレクサがコーナートップからツイステッドブリスを炸裂させて3カウント。

カブキ・ウォリアーズが王座陥落し、アレクサ&ニッキーがWWE女子タッグ王座に返り咲きを果たした。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

TAGS