6ヶ月間水没した「iPhone11」は起動するのか?

誰にでも起こりうる日常の悲劇と言えば、携帯電話の水没。湯船やトイレの便器にちょっとしたはずみで落としてしまった経験がある人は多いだろう。

カナダ・バンクーバーに住む女性ファテメ・ゴディシさんも、昨年9月のある日、その悲劇に見舞われたひとりだ。バンクーバーから1時間半程の場所にあるハリソン・ホット・スプリングスという温泉リゾートの街でアウトドアを楽しんでいたファテメさん。ハリソン湖でバンパーボートに乗り、その様子を記録しようとiPhone11を取り出すと……数秒後、手が滑ってしまいiPhone11は瞬く間に湖の底に消えていってしまった。次の瞬間、ファテメさんは動揺しながらも自分のiPhoneの運命を受け入れる覚悟をしたそうだ。そして家に帰ると、新しい携帯電話を手に入れた。

それから半年が過ぎた3月のある日、「湖に沈んだiPhone11が見つかった」というメッセージが届いた。突然のメッセージに、「最初はびっくりしました。失くなってしまったことにすっかり納得していたので、まるでゾンビのような電話が戻ってきたような気がしました」とイタズラだと思ったそうだ。

ファテメさんにメッセージを送ったのは、長年ダイバーとして活躍してきたクレイトン・ヘルケンバーグと妻のヘザーさん。ハリソン湖でダイビングをした際に、ファテメさんのiPhoneを回収したのだそう。

YouTube

夫婦はコロナウィルスのパンデミックの最中にYouTubeチャンネルを開設し、湖底や海底で回収した様々な物やゴミの量を記録している。ファテメさんのiPhoneをハリソン湖で回収した日には、他に2台の携帯電話と11本のサングラスを拾ったそうだ。このような電子機器を拾った場合、ヘルケンバーグさんはしばらくシリカ乾燥剤の中に入れて再利用できるようにしているそうだが、ファテメさんのiPhone11も同じように対応した。すると、6カ月間も水に浸かっていたにもかかわらず、きちんと電源が入り起動したのだという。

iPhone11はもともと防水機能を備えてはいるが、Appleの発表によると、その耐水等級はIP68。これは水深2mまでで最長30分耐えられるということを示している。しかしファテメさんのケースから言えるのは、どうやら実際はさらに耐水能力が高そう、ということ。ただ残念ながら半年を水中で過ごしたiPhone11のマイクとスピーカーは以前のようには使えなくなっていたそうだ。

YouTube

TAGS