大人気コントにご本人登場 “ヒップホップあるある”完全再現

常に作品を待望され、シーンの前線を離れている時でさえ別格の存在感を放つJ.コール。もはやカリスマともいうべきラッパーだが、今年5月ついに新作アルバム『The Off-Season』をリリースし、ファンの歓喜は冷めやらない。

ところで遡るは2016年のこと、J.コールをネタにしたコント・ミームがバイラルになり大人気となっていたのだった。“J.コールのアルバムがリリースされると聞いて嬉しさのあまり人生を省みて更生するファン”というもの。

YouTube

キャッシュと拳銃を床に置いて、何やら犯罪っぽい取引をしている、おそらくゲットー住まいの青年が、J.コールのアルバムがやっとリリースされると突然聞かされる。すると感激のあまり更生しようとするのだが、大ファンすぎて感涙するそのセリフ回しと表情がやたら面白い。

「え……? J.コールのアルバム? ジャーメイン・コール? 本当なのか!?」と動揺する青年は「本当だ」と告げられると泣き出し、「嘘じゃないのか!?なんてこった……俺はよ、待ってる間は仕方なく21サヴェージを聴いてたんだ。だってみんな聴いてたからさあ。212121って、ホント仕方なくだぜ……212121ってよ、オレは21ばっか聴いてたんだよ! で、聴いてたらよ、『あれ? これ結構キャッチーじゃね? イケてんのかな?』とも思ったさ。いや、思ったけどもさ! でもその間に学校も辞めたし、ヤケになって銃とか手に入れてさ! みんなぶっ殺してやろうと思ってよお!!! チクショオ! でもよ……!」。

というわけで、J.コールのアルバムがリリースされたことを知り、ヤバい取引用のはずだったお金を握りしめて泣きながらアルバムを買いにいくのだった。要はJ.コールの新作がファンの心を入れ替えさせたというわけだ。

このミームのクリエイター、マーク・フィリップス君と彼のコンテンツ製作チーム「RDCWorld」はこの動画で人気YouTuberとなって注目され、特にJ.コールのファンからは温かく支持されていたのである。

YouTube

YouTube

すると、先日7月10日にJ.コールのレーベル<Dreamville Records>所属のラッパーの“Bas(バ)”のPVでJ.コールとマーク君がついに共演を果たし、このコントの一幕をコール本人と再現したのだ。

YouTube

ビデオ後半で、マーク君が登場しJ.コールと遭遇すると「え!? コール? ジャーメイン・コールなのかい? 嘘だろ!? あの、本当にアンタに会ったって言っても誰も信じないから、サインください!」とマーク君がねだると、仕方なさそうに代わりに菓子パンを渡すJ.コール。「え? 菓子パン? サインくれないんだ。あ、でもいいぜ、あんたの菓子パンなら美味しく食べるからさ!」

このMVでコミカルにやりとりするオチにファンは笑い、そしてみんなまたマーク君の元のビデオを観に戻ってくる、というわけである。まさかのリアル共演を果たしたマーク君も、ファンも感激、そして爆笑するほっこりビデオになったのだった。

さて、しれっとこすられイジられていた21サヴェージだが、実は彼もJ.コールと共演を果たしており、先日なんと合同ツアーまで発表したばかり。これにも全員がほっこり嬉しくなっている。というわけで今、なんともハッピーなJ.コール周辺なのだった。

TAGS