ヤクザを闇討ち、暴れすぎて上京… “リトル・ピラニア” 若松佑弥のヤバすぎる喧嘩最強伝説

大沢ケンジが運営するYouTubeで「軽量級、中量級の格闘技界!ケンカ最強は誰だ!?vol2 タイマン最強【殺戮ピラニア長南亮と語る】あの格闘家のリアルクローズ伝説」が公開され、長南と「ストリートファイトで強いプロ格闘家」をテーマにトークを繰り広げた。

大沢ケンジ / Kenji Osawa/YouTube

長南は自身が代表を務める<TRIBE TOKYO M.M.A>に所属する、“リトル・ピラニア”若松佑弥の名前を挙げた。

「あいつの場合は、けっこう……、酷いエピソードがいっぱいある」と長南が告白。しかもその逸話は本人発信ではなく、若松の地元の人間が「あいつはヤバすぎる」と言っているのが耳に入ったと語り、大沢は「『ONE Championship』でタイトルを狙うようなやつだけどね」と苦笑い。

ONE Championship/YouTube

ONE Championship/YouTube

長南が「鹿児島で生まれ育って、中卒で勉強もせずに暴れまわった。それで暴れまわった末に問題を起こして、地元に住んでいられなくなった。住んでいられなくなったのは1人だけじゃなくて家族全員で、家族全員で上京した」と若松の壮絶な過去を暴露すると、大沢は「マジで!? スゴいね」と驚愕。

大沢が「あいつ(若松)の悪いエピソードはあるの?」と問いかけると、長南は「“本職”の人を後ろから闇討ちしたとか」と驚きのエピソードを披露。「普通に考えて軽量級の身長でしょ? 今みたいに体もゴツくない、普通のただのヤンキーが本職に真正面からいったら恐らく勝てないでしょ? なのでアイツが取った行動が闇討ち」と解説すると、大沢は「気合半端じゃないね」「あいつヤバいね、パンチもあるしね」と驚きっぱなしだった。

すると長南は、鹿児島の格闘技関係者の人たちから「あいつ大丈夫なんですか?」と心配されたこともあったと語る。その際には「ウチに来てだいぶ更生したので」と応じたという。

若松と出会ったときの印象について、長南は「最初は坊主頭で現れて、わりと礼儀正しくて……ただ、最初のころのあいつはよく練習サボってたな。まあ東京に来たら楽しかったみたいで(笑)。『もったいないな』と思ってて」と振り返る。

しかし「長く付き合ってきたら、大分真面目になってきて後輩もできて、今はあいつに憧れて入会するやつもいるからね。いい物語だよね、ヤンキーが更生して」と、今では後輩に尊敬される存在になったと、愛弟子について嬉しそうに語った。

ONE Championship/YouTube

TAGS