ストリートはなんでもあり “喧嘩師” 若松佑弥が選んだ、強そうなヤツ

大沢ケンジのYouTubeチャンネルに“リトル・ピラニア”の異名で知られる注目の総合格闘家、若松佑弥が登場。筋金入りの元不良としても知られる若松が、ケンカに勝つために行っていた特殊な日課から、格闘技界の本当にヤバイ選手まで赤裸々に明かした。

大沢ケンジ / Kenji Osawa/YouTube

大沢が「格闘技界で『ケンカ強そうだな』とか、この人ヤバそうだなって人いる?」と若松に問うと、若松はパンクラスでタイトルマッチを戦った仙三選手の名前を挙げる。

2人の試合は歴史に残るほどの死闘となり、結果は仙三の逆転勝利。若松は「対峙したときに、気合の入り方が尋常じゃなくて、今までの選手とかなり違うと思いました。DJ(デメトリアス・ジョンソン)やダニー・キンガドとも対峙しましたけど、そういうのじゃない。『グラップラー刃牙』の柴千春いるじゃないですか、あんな感じっすね」と、漫画のキャラクターにたとえながら仙三にリスペクトを送った。

また、若松は「重量級全部合わせたらヒョードル!」と、PRIDEなどを席巻した総合格闘家“氷の皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードルの名前も挙げる。「躊躇なく、拳のことを気にしないで思いっきり殴れる人」は、ケンカでも強いとして「あれはストリートだったら普通に強くて、コンクリートとかも投げつけてきそう」と語った。

日ごろから強い相手を探しているという若松は、「普通にルール有りでやったら勝てないだろうけど、(ケンカなら)チョークとかがきても指折れるし、噛みつきもあるわけじゃないですか。だったら絶対に負けないと思うんですよ。いつもその覚悟はある」と、有名格闘家たちを相手にシミュレーションを繰り返し、今でもケンカ師としての牙を研ぎ続けているそうだ。

しかし、「『なにかあったら俺は負けないぞ!』っていう気持ちあります。ただ、もう子どもができたので、自分のことでは絶対、なにがあってもやんないす」と、家族のためにケンカを自制していることも明かした。

ONE Championship/YouTube

TAGS