WACKO MARIA × Nike SB 初コラボ 『Janoski』『Blazer Low』をリリース

WACKO MARIA(ワコマリア)とNike SB(ナイキ SB)が初のコラボスニーカーをリリース。『Janoski(ジャノスキー)』と『Blazer Low(ブレーザー ロー)』の2モデルが登場する。

Nike SBで誕生して以来、世界的に愛されるシルエットとなった『Janoski』。今回のコラボモデルは、キャンバス地のアッパーをヒョウ柄プリントで覆い、ミッドソールには“WACKO MARIA”のラバースタンプをプラス、左右のヒールにそれぞれ“天国”と“東京”の漢字が刺繍されている。

一方、ローカットの『Blazer』は伝説的なデザインをスケートボード用に改良。スネークスキンのプリントでスウッシュを覆っている。ヒールには“天国”と“東京”の文字にマリファナの葉っぱを配したデザインに。なお、両モデルともインソールにZoom Airを搭載していることを示すロゴと“GUILTYPARTIES”の文字、「Nike SB」のロゴがインソールにプリントされている。

『SB Janoski Canvas OG “Leopard”』『SB Blazer Low “Black”』の2モデルは、10月31日(土)より「PARADISE TOKYO」「WACKO MARIA ISETAN SHINJYUKU」「WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO」にて発売、その後11月1日(日)より「SNKRS」にて発売予定となっている。

TAGS