萌えキュン全部のせ 『ヴィンチェンツォ』を絶対に好きになる動画

Netflix Japanで連日TOP10ランキング上位に入り、5月2日に最終話が配信された人気ドラマ『ヴィンチェンツォ』。ソン・ジュンギ演じるイタリアンマフィアの顧問弁護士ヴィンチェンツォ・カサノが、母国韓国で壮絶な戦いを繰り広げ、莫大な富と利権を握る巨大組織に正義の鉄槌を下すストーリーが描かれる。

Netflix Japan/YouTube

韓国・ソウルのビル地下に埋められた金塊を探しに母国へ戻り、女性弁護士チャヨンと共に大企業バベルグループとの法廷闘争に巻き込まれていくヴィンチェンツォ。ハードボイルドな人間ドラマとコメディが絶妙に融合した本作においてクールなヴィンチェンツォがなかなか見せないチャーミングな表情やセクシーな一面を披露する“お宝シーン”を集めた動画が、Netflixの公式YouTubeチャンネルで公開されている。

ヴィンチェンツォがシャワーを浴びていると、突然お湯が出なくなり、熱湯に変わるハプニングが。彼は「クソッ」「熱い」「からかうな」とキレながら、我慢して熱湯のシャワーを浴びる。

バベルグループに融資しようとする銀行の頭取・ミンソクを誘惑する作戦を決行するヴィンチェンツォ。一緒に乗馬をしながら、ミンソクの首の後ろについた藁を取ってあげる。すっかり色気溢れるヴィンチェンツォに魅了されてしまったミンソク。馬に乗って颯爽と駆け抜けるヴィンチェンツォの姿を見つめながら、彼から預かっているジャケットの匂いを嗅ぐ。

事務所で皮が焦げた焼き芋を食べようとするチャヨンに、ヴィンチェンツォは「焦げた物は体に悪いよ」と告げる。だが、彼女から皮を取り除いた焼き芋を差し出されて一口食べると、「焦げてない所なら大丈夫そうだ」と気を取り直して焼き芋を味わう。そこへ運ばれてきた警察資料を真剣な顔で確認するが、その鼻には黒い汚れが……。焦げた焼き芋を触った手で鼻をこすってしまった本人は全く気づいていないのだった。

チャヨンたちにビルの地下に金とギロチン・ファイルがあったことを報告するヴィンチェンツォ。「よくやった、よくやった」と笑顔になる仲間から抱きつかれ、一緒に飛び跳ねながら喜びを分かち合う。しかし、ヴィンチェンツォは泣き笑いし始め、ミスをして地下の金庫を再び開けられなくなったことを明かす。

ヴィンチェンツォはビルの住人たちの投票により霊媒師ヨリムに扮装し、バベルグループとの関わりを持つ社長に会うことに。彼は白い装束を着て耳に花飾りを付け、花束の香りを嗅ぐという麗しい姿を披露する。同席するチャヨン演じる女性の手元にある半紙をみると、ヴィンチェンツォの絶体絶命のピンチを救ってくれた“インザーギ”と名付けた鳩の絵と「おお、インザーギ様」という筆文字が書いてある。

クールでセクシーかつキュートな彼の魅力が詰まった人気ドラマ『ヴィンチェンツォ』は、Netflixで独占配信中。

TAGS