「百円の恋」製作チームが再集結 リング上の3人の男は何を賭け、何のために戦うのか?『アンダードッグ』

『百円の恋』『全裸監督』の武正晴監督が、主演:森山未來、北村匠海、勝地涼を迎えた最新作『アンダードッグ』の劇場公開初日が、11月27日(金)に決定した。

東映ビデオ/YouTube

リングの上で三人の男たちのドラマが交錯する

一度は手にしかけたチャンピオンへの道…
そこからはずれた今も〝咬ませ犬〟としてリングに上がり、ボクシングにし がみつく日々をおくる崖っぷちボクサー、末永晃(森山未來)。児童養護施設で育ち、過去にある秘密をもつが、ボクシングの才能が認められ、将来を期待される才能豊かな若きボクサー、大村龍太(北村匠海)。大物俳優の二世タレントで、芸人としても鳴かず飛ばずの芸人ボクサー、宮木瞬(勝地涼)。リングの上で、人生から見放された三匹の負け犬たちのドラマが交錯する。

彼らは何を賭け、何のために戦うのか?

監督は、Netflixドラマ『全裸監督』の総監督を務めるなど、数々の作品を手がける名匠・武正晴監督。ボクシングを題材にした作品に挑むのは『百円の恋』(2014年)以来となる。原作・脚本を手がけるのは『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳。その他、プロデューサー、音楽、撮影、照明、美術など『百円の恋』の製作チームが再集結し、新たな感動のドラマを世に放つ。

©︎2020「アンダードッグ」製作委員会

TAGS