肩パン4連打KO劇で最多売上げ! みんな大好きな問題児 コナー・マクレガー

数多くの名勝負が繰り広げられた2020年だが、PPV (ペイ・パー・ビュー)売上130万件超という年間最多セールスを記録したのは2020年1月に行われたUFC246でのコナー・マクレガーVSドナルド・セラーニの一戦だ。マクレガーの肩パンチ4連発という、誰も見たことのない打撃からの鮮やかな40秒KOというセールスに恥じない内容の素晴らしいファイトだった。

UFC - Ultimate Fighting Championship/YouTube

2020年最多のPPV売上を勝者として達成したマクレガーはTwitterに喜びの投稿を寄せている。

「2020年を駆け抜けたUFCに『おめでとう!』と言いたい。UFCは(コロナ禍の困難な時期に)一年を通して成功を収め続けた地球上で唯一のスポーツエンターテイメント、素晴らしいよ! セラーニとのファイトが最多PPV売上に輝いたことを誇りに思うよ。ドナルドもおめでとう。昨晩(ハファエル・ドス・アンジョスを)2度タップアウトさせたサブミッション・アンダーグラウンド19の勝利を含めて祝福します。 #No1」

総合格闘技というスポーツの歴史で、最もビッグな存在になったマクレガーは、この試合を含めた直近6試合のPPV売上件数が全て100万件を超えている。現地時間1月23日に行われる次戦、ダスティン・ポイエーとの2度目となる対決でも、記録を更新してくれることは間違いなさそうだ。

TAGS