“天才”“ボクサーでも打てない” 山本KIDのパンチの凄さ

内山高志のYouTubeチャンネル『内山高志KOチャンネル』で、内山と大沢ケンジが朝倉兄弟、辰吉、山本KID、天心についてトークを繰り広げた。

内山高志KOチャンネル/YouTube

「今までの総合格闘技選手で一番パンチが強いのは誰か?」という話題で、内山は「天性のもの。ある意味すごい天才だと思った」と、山本“KID”徳郁の名前を挙げる。魔裟斗戦でダウンを奪ったパンチはもちろんのこと、2ラウンドKOで勝利した村浜武洋戦での右アッパーについて「あれはなかなかボクサーでも、あの体勢で強く打つのはできない」と絶賛した。

内山が「ボクサーから総合格闘技に転向して成功しそうな選手は?」と質問を投げかけると、大沢は元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎だと回答。距離をとる巧さが理由だとしたが、もう一つ熱烈なファンだからとも告白。かつてボクサーを目指していたという大沢は、辰吉が世界初挑戦で王座を獲ったグレグ・リチャードソン戦の翌日にボクシングジムの門を叩いていたのだとか。

大沢が「那須川天心のボクシング技術は?」と聞くと、内山は「いいですね!」と即答。動きの速いステップで相手がリズムを崩すと分析し、当て勘に必要なバランス力もあるので「ボクシングに向いている」と評価した。

ラウンド数の長さは慣れで克服可能で、「天心はスピードも威力もあるし、ボクシングにいっても成功するなって思いましたね」と太鼓判を押す。特に踏み込みが早いストレートや、コンビネーションが武器になるという。

「全体的にすごく天心はいいと思います」と総括した内山は、「やっぱり世界チャンピオンを目指せるならいったほうがいい、お金(ファイトマネー)もいいですし」と、天心のボクシング転向に期待を寄せた。

TAGS