辰吉丈一郎は、デビュー前からハンパなく強かった レジェンドが「世界チャンピオンになる」と予見

渡嘉敷勝男が運営するYouTubeチャンネル「トカちゃんねる」で、「元ボクシング世界チャンピオンが語る!歴代チャンピオンのここがスゴイ!第六回 辰吉丈一郎」が公開。渡嘉敷が辰吉をカリスマロックシンガーの矢沢永吉に例えたる一幕があった。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

渡嘉敷は辰吉のことを「ボクシング界の矢沢永吉さん」と形容して「すごい人気でしたね。試合も強かった」とコメント。かつてはテレビ番組などでもよく顔を会わせていたそうで、渡嘉敷はかつて「これ以上体がボロボロになったら家族を大事にできないよ!」と、1度は辰吉の復帰を止めたこともあるという。

しかし、お互いに多忙になり連絡を取り合わなくなる中、辰吉の再デビューが決まったという。渡嘉敷は「その試合は負けましたけど辰吉くんらしい生き方かなあと。本人も『自分らしい生き方をしたい』ってカムバックしたんですけどね」と、当時を振り返った。

5、6歳の頃からボクシングに打ち込んでいたという辰吉について、渡嘉敷は「才能がある上に小さいころからやっているキャリアがあるから、半端じゃないくらい強かった」と分析。今で言えば井上尚弥のような選手だったという。

ここで渡嘉敷は尊敬をする先輩、元WBA・WBC世界スーパーフライ級王者、渡辺二郎のエピソードを披露。渡辺は辰吉と同じく帝拳ジムの出身で、引退後もスパーリングでは負け知らずだったそう。

そんな渡辺から「渡嘉敷、すごいのが今ジムに練習に来ている。アマチュアの社会人のチャンピオンと、スパーリングをやったんだ。私は今でも日本チャンピオンとやっても、ほとんど触らせないで勝つ。しかし、まだプロデビューをする前の社会人のチャンピオンだった辰吉くんとやったら……もう半端じゃない。パンチが当たらない上に、鼻血が出るまでパンチを受けた。こいつは絶対に世界チャンピオンになるぞ」という連絡を受けたという。

デビュー前だったことから辰吉のことを知らなかった渡嘉敷だが、渡辺の予見は的中して辰吉は世界チャンピオンに。渡嘉敷は「やっぱり渡辺二郎さんが言っていただけはありますよ。本当に強かった」と、しみじみと語った。

「強い上に人気がすごくあった、半端じゃないんだから。引退して十何年もたつのにいまだに人気がある」という辰吉のカリスマ性について、渡嘉敷は再度矢沢永吉のようだと称賛すると「矢沢永吉さんは僕が中学のころから見ていて、いまだにスターじゃないですか。だからそういう意味では矢沢永吉さんみたいにずっと伝説の、永遠のスター」と、手放しで褒めた。

TAGS