トドメを刺しにいく 辰吉丈一郎、KOパンチャーとしてのスゴさ

渡嘉敷勝男が運営するYouTubeチャンネルで、「【辰吉丈一郎のセンスは歴代No.1だったのか!?】動画を検証!」が公開され、渡嘉敷が過去の辰吉の動画を実際に見ながら辰吉のセンスについて解説した。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

試合の映像を観ると「倒すセンスですよね。ここぞというときは倒すまで手を出す。一発でも倒せるし、連打でも倒せる。『トドメを刺しにいく』というのは本当に、KOパンチャーのセンスですよね」と、辰吉のKO力についても高く評価。「辰吉君は動きに魅力があって、見てて『華麗な動き』ってありますよね。そういう意味では魅力あるボクサーとしても、彼の場合は先に(試合前に派手な発言を)言うこともあって、それを実現させて、動きが華麗だった。天才的な動きだったというところにみんな引き込まれたんでしょうね」と、ビッグマウスを言い放ちながらも有言実行をしてしまう、辰吉のすごさについて語っていた。

渡嘉敷はボクシングのセンスとはなにかと問われると「動きのセンス、当て勘のセンス、コンビネーションのセンス、避け方のセンス、あとはカウンターを取るタイミングのセンス」と説明して「辰吉君は揃っていたんでしょうね。ここまでの動きは教えたからといってなかなかできない」と、辰吉はこれらを全て兼ね備えていたと解説。

さらに、カリスマ性について「こんなにも長い間、辰吉君にファンが魅了されてきているというのは、辰吉君の魔法がかかっているんですね。そうじゃなきゃこんなに長く、永遠の人気というのは続きませんよね」と語って、「ボクシングの魔法使い辰吉君、これからも頑張ってよ!」とエールを送っていた。

TAGS