“史上最強かつ最凶” マイク・タイソンだからできた、危険なスタイルとは?

渡嘉敷勝男のYouTubeチャンネル「『渡嘉敷勝男公式』トカちゃんねる」で、動画「パンチスピードの早い選手は?」「タイソンのピーカブースタイルは、なぜ使い手が少ない?」という質問に答えた。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

「なぜ、マイク・タイソンのピーカブースタイルは使い手が少ないのですか?」という質問に対して、渡嘉敷は「要するにマイク・タイソンみたいに前にガンガン行くファイターだから、こういうスタイルが効くんですよ」と解説。

YouTube

離れてワン・ツーを打ったり牽制しながら戦うスタイルとは異なり、ファイタースタイルは相手の懐に入って行く戦い方になるとして、「危険を顧みないでカウンターをとりにいったりするんですよね。そういう意味では打たれてもいいように相打ちでも打つという、危険を顧みないスタイルがファイターなんです」と語った。

さらにタイソンについて「そこまでのブルファイター(一歩も引かずに前に出る選手)は少ない」として、稀有な技術や才能を持っていたからこそ可能な戦い方で「普通のクラスであのスタイルでやると、足で捌かれる」と指摘。

「あれはヘビー級だからできたんだと思うんですよ」と、階級も要因ではないかと推測すると、モハメド・アリのような選手であれば捌かれる可能性はあるとしながらも、「タイソンだからできたスタイルなのかな?」と締めくくっていた。

TAGS