ボクシング知ったらヤバい “人間鈍器” 木村ミノルの殺人パンチを元世界王者が太鼓判

渡嘉敷勝男が運営するYouTubeチャンネルで「9戦連続パンチでKO!K-1【木村ミノル選手】のパンチ技術を元ボクシング世界王者が分析!」が公開され、渡嘉敷が快進撃を続ける木村“フィリップ”ミノルのパンチ力について分析した。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

今回の企画は視聴者からの「K-1の木村ミノル選手のパンチをチェックしてほしい」といったリクエストに応えたもの。木村は現在、K-1で9試合連続パンチでKO勝利を重ねているハードパンチャーだ。

木村の動画をチェックした渡嘉敷は「手数も出るんだね。手が出るということは当たる確率が高いからね。パンチがあるんだったらそれだけの確率で当てて早く倒せる」と分析すると、肉体美にも注目し、「すごく筋肉質で出来上がった体になっているので、相当普段、たんぱく質をバンバン摂っているんでしょうね」と分析。

「フック系が多いよね」と指摘すると、「ボクシングを知ってくると、ストレート系も出るんでしょうけど。今はパンチをパワーで打っているからこういう打ち方になる」と解説。「今のところは粗削りでパワーだけで勝ってるという感じ」と続けた渡嘉敷は、「これにテクニックとスピード、ガードを教えれば、かなりいいんじゃないですか? パンチ力は日本チャンピオンレベルではありますよね」と、破壊力には太鼓判を押した。

「今は手の力だけで打っているので、日本チャンピオンレベルのパワーなんですよね。これは足のパワーとか全身を使えば、世界のパワーになります」と、体の使い方を改善点に挙げた渡嘉敷は、「ボクシングに転向するのであれば、しっかり腰の動きや打ち方、タイミングを習えば」と、修正しだいで世界レベルでも戦える可能性があると説明。木村が試合中に鼻血を流している場面では「ボクシングの評価で言えば、あまりガードがよくない」と指摘して、「ボクサーとして戦うのであれば、そこを直せばかなりいいんじゃないですか?」と、防御面も課題だと語った。

クルーズ・ブリッグスとの試合を観た際には、ダウンをしたブリッグスが立ち上がってきたことについて、「手のパワーだけでしか打ってないんですよね。腰のパワーも使えていたら多分立ってこない、10カウントでしょう」と、木村が100パーセントの力を出し切れていないと分析。別の試合では「相手のタイミングを取るのはうまい」と語り、「木村選手はカウンターのタイミングがいいよね、勘がいい」と高評価だった。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

さらに、ゲームセンターのパンチングマシンで木村が300kgオーバーのスコアをたたき出したシーンを観た渡嘉敷はビックリ。「すごいな、スーパーウェルターで300キロはすごいなあ。まあ内山選手もスーパーフェザー級で300キロって言われているから、もちろんすごいんだけど。スーパーウェルターの300キロもすごいなあ」と、パワーには感心しきりだった。

「これからも木村ミノル選手は、まだまだ伸びますね」と、渡嘉敷は木村の今後の成長に期待を寄せると、「パンチのタイミングとパンチ力があるので、これは面白いんじゃないですか? まだまだいきますよ、若いしね。下半身も使ってほしいけどね」と締めくくった。

TAGS