辰吉、薬師寺、畑山、竹原… 元不良ボクサーは何故強いのか?

元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男が公式YouTubeチャンネルで、「なぜ減った!?【元不良・元番長ボクサー!】」を公開。渡嘉敷が元不良の経歴を持つボクサーについて持論を展開した。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

自身も高校時代は喧嘩に明け暮れていたという渡嘉敷は、当時について「腹が立ったら殴り合いというね、素手で喧嘩をするパターンが多かった」と明かし、「だからボクシングでも『あしたのジョー』のような、不良上がりのボクサーも日本には多かった。まあ世界でも多かったと思います」と、振り返った。

渡嘉敷は、不良少年が少年院を出所後にボクサーとして活躍する漫画、『あしたのジョー』を愛読していたそうで「ストーリーの中で勝ったり負けたりはありますけど、これは格好良かったね。生きざまというか、男っぽい、男臭い、本当にボクシングの魅力があるような選手でした」と、絶賛する一幕も。

また、日本人の不良上がりのボクサーとして「古くからいくと、ガッツ石松さん、小林弘さん、辰吉(丈一郎)君、薬師寺(保栄)君、畑山隆則君、竹原慎二君、いっぱいいますよ」と、渡嘉敷の私見で次々と名前を挙げていった。

不良がボクサーになる理由については、「やはり腕に自身があるほうが、ボクシングとか格闘技は打撃系だから、そういう人がやったほうが確かに強い。それでスタミナをつけたり、努力をするパターンがあれば絶対に専門的に強くなる。ケンカが強いというのは才能と一緒、打撃系の才能があるということですから」と解説。最近の傾向については「学校でも家庭でもそうですけど、ケンカをさせないじゃないですか。そういう意味ではケンカの戦い方のうまい奴がいないので、素手で戦うのが少なくなってきたので、素手の番長とか不良が少なくなってきた」と分析する。

かつては「殴り合いで金になるんだったら、俺はボクシングをやるよ」と、喧嘩の強い人間がボクシングの世界に足を踏み入れていたことから、世界チャンピオンには喧嘩自慢が多かったそうだ。しかし、「最近の世界チャンピオンは不良系は少ないですよね、真面目系な感じ」と印象の変化について語ると、「真面目でも一生懸命やって自分の才能を大きくしていけば、世界チャンピオンになれるということです」と、努力で才能を伸ばすことも大事だと説いた。

「小さいころから英才教育を受けたボクサーが増えた影響もあるか?」という質問に対しては、3人兄弟が全員世界チャンピオンになった亀田三兄弟に触発されて「じゃあうちも小さいころから教えよう!」と、ボクシングに限らず多くのジャンルで世界的な活躍をする選手が出てきていると推察した。

ボクシング界を例にとっては「井上(尚弥)チャンピオンだとか、井岡(一翔)チャンピオンだとか、田中(恒成)チャンピオンだとか、みんな小さいころからやってますよね。辰吉君もそうだし。やっぱり小さいころからやると覚えやすい。そこに才能があればさらに強くなりますから。そういう選手が世界のスーパースターになってますから、いち早くその世界に入るのはいいことだと思います」と、早い時期から練習をするのは有効だと語った。

TAGS