朝倉未来のパンチは「まともに当たったら一発で倒れる」

元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男の公式YouTubeチャンネルで、渡嘉敷が朝倉未来のパンチの“質”の変化を指摘した。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

今回の企画は視聴者からの「朝倉未来選手の最新の試合をチェックして欲しい!」という要望を受けてのもので、渡嘉敷は今年の2月22日に実施された『RIZIN.21』での、朝倉 vs ダニエル・サラス戦の映像をチェック。試合は朝倉が2ラウンドでKO勝利している。

渡嘉敷は朝倉の動きを見て「上半身で避けるのもうまいけど、足のステップもうまいよね。やはり勘がいいというか、一瞬でスッと避けるんだよね」とディフェンス能力の高さを評価。

「あれでボクサーだったら、避けた瞬間に打つんだけれども」と、オフェンスには改善の余地があると分析しながらも「教えればそれもできる選手」とコメント。「ボクシングを覚えて、避けてカンカーン! ってすぐ打つパターンを覚えたら、すごく強くなる」と、ボクサーとしても通用すると太鼓判を押した。

また、相手の動きを冷静に見切っていることについて、「ボクシングの渡辺二郎さんみたいな落ち着きがある」と、レジェンドボクサーに例える場面も。「やはり小さいころから格闘技をやってきたというのが一番大きい」「彼の人生が全て格闘技に活きている」と分析した。

さらに渡嘉敷は、朝倉のパンチについて「前は単に当てるのが上手いだけだったんだけど、この試合をみるとパンチに重みがついているね。体重が乗っている打ち方に変わってる」と注目。「これはまともに当たったら一発で倒れる」と威力の向上に着目し、「パンチに自信がついてきたのかな? パンチをちゃんと習ったんだな、重いよ」と明言した。

RIZIN FIGHTING FEDERATION/YouTube

TAGS