「ワタシの人生なんてクソ」 セックスワーカーとして生きる女たちの力強い物語

それぞれの事情を抱えながらセックスワーカーとして生きる女たちの物語、映画『タイトル、拒絶』が、11月13日(金)より新宿シネマカリテほか、全国公開されることが決定した。

YouTube

『タイトル、拒絶』は、2013 年に山田佳奈監督自身により初演された同名舞台の映画化で、長編初監督作品となる。それぞれが抱える事情に抗いながらも力強く生きようと進むセックスワーカーの女たちの姿を描いた作品だ。第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映され、主演の伊藤沙莉が東京ジェムストーン賞を受賞した。

本作で描かれるのは、それぞれが抱える事情に抗いながら生きるセックスワーカーの女性たちが生きる姿。主演の伊藤は、デリヘル嬢になろうと体験入店したものの、行為の段階でホテルの外に助けを求めて逃げ出した経験を持つ主人公・カノウを演じている。伊藤自身が「誰にも渡したくなかった」と話すほど意欲的に臨んだ役だという。
また、恒松祐里、佐津川愛美、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子、大川原歩、そして片岡礼子らがデリヘル嬢として働く女性たちを演じるほか、モトーラ世理奈、池田大、田中俊介、般若、でんでんらがキャストに名を連ねている。

©︎DirectorsBox

TAGS