オリジナルとは異なるエンディング 『最強のふたり』米リメイク版

公開されるや否や、笑いと感動が口コミで広まり、日本公開されたフランス映画史上No.1の興行収入を記録した『最強のふたり』のハリウッドリメイク版となる『THEUPSIDE/最強のふたり』(原題:The Upside)が、12月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開することが決定した。

スラム街出身の無職の男とハンディキャップを持つ大富豪、住む世界の違うふたりがたどり着く“人生のアップサイド”とは?

showgatetrailer/YouTube

フランスで2011年の興行No.1を獲得し、ヨーロッパ各国、そして日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』。あの熱狂から8年、ハリウッドでリメイクされ、今年1月に全米で公開されると初登場1位にランクイン、その後7週連続でトップ10入りの大ヒット。オリジナル版の200倍のオープニング成績を上げるという、驚愕の社会現象を巻き起こした。

すべてが真逆のふたりのギャップに笑い、まさかの友情が涙を誘う感動ストーリーはそのまま、ふたりが互いに影響を与えることでたどり着く“人生のアップサイド”とは何かを描き、オリジナル版とは異なる感動のエンディングが待ち受ける。

スラム街出身の主人公・デルに扮するのは、コメディアンとして高い人気を誇り、「ペット」シリーズや「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」などで俳優としても活躍するケヴィン・ハート。全身麻痺の大富豪・フィリップには、TVドラマ「ブレイキング・バッド」で人気を獲得し、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』でアカデミー賞にノミネートされたブライアン・クランストン。
さらに、オスカー女優の中でも最高峰に立つ「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンもフィリップの秘書・イヴォンヌ役でアンサンブルに加わる。

予告編では、お調子者だがまっすぐな性格のデルと人生を諦めかけているフィリップが次第に絆を深めていく様子が描かれている。フランス版のオマール・シーとフランソワ・クリュゼのコンビに負けず劣らずのケヴィン・ハートとブライアン・クランストンの相性抜群のバディ感に、ニコール・キッドマン扮するキャラクターがどのように関わってくるのか。

また、ソウルの女王、アレサ・フランクリンの名曲「Think」が、ハリウッドならではの底抜けに明るいエンターテイメント性を感じさせる映像となっている。

『THEUPSIDE/最強のふたり』は12月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。

STX Entertainment/YouTube

TAGS