“一国の軍隊より殺し方を知る女” シャーリーズ・セロンの最強戦闘シーンの作り方

美貌や演技力など全てを兼ね備えた最強女優シャーリーズ・セロンが主演を務めるNetflixの最新アクション大作『オールド・ガード』より、シャーリーズ演じる“不死身の傭兵”アンディのド迫力アクションが完成するまでの壮絶な舞台裏を捉えた、「アクショントレーニング映像」が解禁となった。

Netflix Japan/YouTube

公開された映像では、肉弾戦や銃、剣を使った接近戦、特殊な両刃斧を駆使した類を見ないアクションシーンが生まれるまでの、シャーリーズとスタッフたちによる壮絶トレーニングの様子が記録されている。

シャーリーズが「挑戦が必要な映画ほど楽しいわ」と語るように、彼女が挑んだトレーニングは挑戦的で、劇中のアクションに匹敵する迫力を誇る。「カットのつなぎ合わせでは戦闘の迫力が出ない。だから長回しにも耐える体を作らないとね」と高いプロ意識を語るシャーリーズは、紀元前に生まれ、文字通り数千もの戦闘経験を誇るアンディの動きにリアリティを感じさせるべく、柔道、合気道、シラット、カリ、中国武術、洪家拳、太極拳、テコンドー、グレコローマン型レスリング、パンクラチオン、居合道、剣道…など、数えきれないほどの世界中の武術を取り入れたアクションに挑戦。

共にアクションシーンを作り上げたスタントコーディネーターのブライセン・カウンツも「一作にあそこまで熱心に取り組む俳優は珍しい」と大絶賛。これまで数々のアクション大作に出演してきた百戦錬磨のシャーリーズでさえ「この訓練は忘れられない経験になったわ」と語っており、彼女のプロ意識と制作陣のリアルにこだわる熱い思いが結集した本作のアクションシーンは必見だ。

最大の脅威に立ち向かう彼女らの運命は?シャーリーズ・セロン演じる新たなアクション・ヒロインの物語『オールド・ガード』は、Netflixにて独占配信中。

TAGS