ジョーダンがチームメイトもビビる“恐怖の練習”で履いてたスニーカーは?

マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズが2度目の3連覇に挑んだNBA1997-98シーズンを追いかけたドキュメンタリー『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』。記録的な視聴数を稼ぎ、バスケファンだけでなく各方面からの注目を集めたが、スニーカーマニアはジョーダンの足元にも注目だ。ジョーダンがバスケの“神様”へと進化していく過程は「エア ジョーダン」の歴史でもある。エピソードごとにジョーダンが着用した「エア ジョーダン」をはじめとするスニーカーの数々がair.jordan.com/で紹介されている。

■エピソード7&8

「エア ジョーダン9」
野球へ転向した際、ジョーダンが初めての室内練習に参加するシーンで履いている姿がおさめられている。

「エア ジョーダン9 クリート」
野球のスパイクももちろんエア ジョーダンだった。バッティング練習をするジョーダンの足元に注目。ともに夢を追いかけた1足だ。

YouTube

「エア ジョーダン13 ローPE」
ジョーダンはチームメイトに対しても非常に厳しく当たるが、同時に彼らの力を最大限に引き出すのも得意だった。練習で小競り合いに発展したシーンでこのシューズを着用している。

「ジョーダン ジャンプマン プロ」
本人のみ着用が許されたエア ジョーダンだったが、多くのプレーヤーからの需要が高まるなか、1997年にデビューしたのがジャンプマン プロ。ホームでの練習中に着用しているジョーダンがとらえられている。

YouTube

「エア ジョーダン10」
1995年のレギュラーシーズン後に、ブラック×ダークレッドのエア ジョーダン10を初めて着用している姿が残されている。同年のプレイオフでもお目見えした。

YouTube

「エア ジョーダン11」
主演した映画『スペース・ジャム』でも着用し、人気を博したモデル。1996年の復帰後初のNBA制覇を果たした際にも着用している。

YouTube

「エア ジョーダン12」
一度目の引退からの復帰後、最初の優勝を果たした1996年に着用していた1足。ナイロンとパテントでまとめた斬新なシルエットは、本国アメリカはもちろん日本でもスニーカーブームの頂点となった。

■エピソード9&10

「エア ジョーダン2 ロー」
若かりし日のジョーダンが宿敵デトロイト・ピストンズに挑む試合。“バッドボーイズ”の激しいトラッシュトークにさらされるなか、ホワイト×レッドのエア ジョーダン2 ローを履いて次々とシュートを決めた。

YouTube

「エア ジョーダン13 ロー PE」
ジョーダンにとっては非常に厳しい年となった1997-98シーズン。イースタン・カンファレンス・ファイナルとNBAファイナルでは、エア ジョーダン13 ロー PEのレースをしっかりと締めて試合に向かうジョーダンの姿がとらえられている。

YouTube

「エア ジョーダン12」
1997年のプレイオフで着用。ファイナル第1戦で決勝点を決めたシーンでも、ブラック×ホワイト×メタリックシルバーのエア ジョーダン12を履いていたことがわかる。

「エア ジョーダン14」
スポーツカーからインスパイアされて誕生したデザイン。ジョーダンは1997年のNBAファイナルで着用。

YouTube

TAGS