「危険な撮影だった」 ジョージ・クルーニー、極寒の地で挑んだ過酷なサバイバルシーン

ジョージ・クルーニーが監督/製作/主演を務める映画『ミッドナイト・スカイ』(12月23日よりNetflixにて独占配信)より、極寒の地での過酷なサバイバルシーンを映し出した、大迫力の本編映像が解禁となった。

Netflix Japan/YouTube

地球が滅亡に向かう中、北極に残り続ける孤独な科学者オーガスティン(ジョージ・クルーニー)は、ある日、地球に取り残された謎の少女と出会い、不思議な共同生活を始めることに。そんな中、オーガスティンは、地球の惨状を知らずに地球へ戻ろうとする宇宙船の乗組員サリー(フェリシティ・ジョーンズ)らの存在を知り、交信を通じて帰還を止めるべく奔走する。

公開された本編映像は、宇宙船クルーと交信するための環境を求めるオーガスティンと少女に訪れた、最大級の危機を捉えた大迫力シーン。道中、一時的に休息を取れそうなコンテナを発見した彼らだったが、気が付くとコンテナ全体が水没の危機に。少女を救い出し脱出に成功したものの、不安定な薄い海氷が割れ始めてしまう。間一髪のところでスノーモービルに乗り、危険地帯から抜け出したと思った次の瞬間、極寒の水中へと落ちてしまうオーガスティン。果たして彼らの運命は!?そして、この過酷な旅を乗り越え、オーガスティンらは宇宙船クルーと交信することができるのか。

ジョージは極寒の地での撮影について「専門家を配置しながら行うほど危険な撮影だった。だけど、ひと時でも、スノーモービルを乗り回して、このような生活を体験できたのは楽しかったね!」と話す。

監督/製作/主演を務めるのは、「オーシャンズ」シリーズや『ゼロ・グラビティ』など数々の超大作に出演、『シリアナ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞するなど高い演技力も備える名優ジョージ・クルーニー。彼は過去にも多くの作品で監督も務めており、『グッドナイト&グッドラック』ではアカデミー賞監督賞にもノミネートされるなど製作者としても高い評価を得ている。また、共演には、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主演や『インフェルノ』の出演で知られ、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞ノミネート歴も誇る演技派フェリシティ・ジョーンズ。さらに、『キング・コング』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のカイル・チャンドラー、『明日を継ぐために』『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチル、『リンカーン』『アウトロー』のデヴィッド・オイェロウォらが脇を固める。

誰もが知る大スター、ジョージ・クルーニーが自ら手がけた渾身の超大作であり、演技派フェリシティら豪華キャストによって描き出される、この冬注目度No.1の誰も見たことのない、感動に満ちた壮大な物語『ミッドナイト・スカイ』は、12月23日よりNetflixにて独占配信。

TAGS