NO MORE 映画泥棒! 2020年最も多く“違法ダウンロード”された作品

Disney+で独占配信されている「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』が、2020年に<最も多く違法ダウンロードされたシリーズ>となったようだ。

Disney+

現在シーズン2まで配信されている人気シリーズは、映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から5年後を舞台に、孤高の賞金稼ぎ・マンダロリアンとフォースの力を秘めた孤児である“ザ・チャイルド”の冒険を描いている。2019年11月にシーズン1が配信開始されるやいなや、またたく間に世界的な人気シリーズとなった。

『マンダロリアン』は、何年もランキングの首位に君臨していた米テレビ局HBOの人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』を抜き、2020年にトップとなったという。ベストセラー小説を原作としたドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、2011年に放送開始され、2019年に放送されたシーズン8をもって完結していた。

この<TorrentFreak>が独自に調査した2020年の<最も多く違法ダウンロードされたシリーズ>ランキングでは、1位の『マンダロリアン』に続き、2位にAmazonプライム・ビデオの人気ドラマ『ザ・ボーイズ』、3位にHBOの超大作ドラマ『ウエストワールド』(日本ではAmazonプライム・ビデオで配信中)がランクインしている。

Amazon Prime Video

なお、2020年に新たにランクインした作品としては、動画サービスCBS All Accessで配信された『スター・トレック』のドラマシリーズ『スター・トレック:ピカード』(日本ではAmazonプライム・ビデオで配信中、2021年3月3日にブルーレイ/DVD発売)や、HBOのドラマシリーズ『アウトサイダー』(日本ではスターチャンネル、Amazon Prime VideoチャンネルのスターチャンネルEXで放送)が挙げられる。

ランキング上位3作品は、いずれも世界的にヒットしている人気シリーズで、特に動画配信サービスを中心に人気を集めてきたことは間違いない。ただ、それぞれ独立した動画配信サービスを利用しないと視聴ができないこともあり、違法ダウンロードも後をたたないようで、映画やドラマ業界にとっては悩ましい問題である。

TAGS