「スター・ウォーズ」史上最高に可愛い “ベビーヨーダ”は何者か

2019年11月12日に米国でローンチされたディズニー独自の動画配信サービス『Disney+』(11/19時点:日本サービス開始未定)。配信予定の作品が続々と明かされ反響を呼んでいるが、中でも注目は、Disney+オリジナルシリーズ『The Mandalorian(ザ・マンダロリアン)』だ。

本作は、大人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品で、「エピソード6/ジェダイの帰還」から5年後の時代が舞台となる。新銀河共和国の手が行き届かない地で活動する孤独な戦闘民族“マンダロリアン”の旅路が描かれる。

『Disney+』サービスが開始された国では第1章が配信され、今回の作品に登場する、ヨーダの赤ちゃんのような愛くるしいキャラクターが注目を集めている。

公式Twitterで解禁された画像を見ると、スター・ウォーズに登場するヨーダにそっくり。ヨーダの赤ちゃんの頃にも見えるが、時代背景は「ジェダイの帰還」から5年後のストーリーという事なので、一体何者!?と話題に。

ファンの間では“Baby Yoda(ベビーヨーダ)”と名付けられ、この可愛すぎるキャラクターの姿に、「スター・ウォーズ史上最高に可愛い」「ベビーヨーダの為なら死ねる」など、SNS上で大反響が巻き起こっている。

登場するやいなや大人気キャラクターとなった“ベビーヨーダ”。今後ストーリーの鍵を握ることになるのか…。日本での配信にも期待したい。なお、本シリーズは全8話構成となり、すでにシーズン2の公開も決定している。

Star Wars/YouTube

TAGS