シャレオツ軍団・Migosのオフセットがストリートファッションのスターを発掘

ヒップホップトリオ、ミーゴスのメンバー・オフセットがプロデュースする新リアリティ番組『The Hype』の放送がスタートした。

HBO Max/YouTube

『The Hype』は、新進のストリートウェア・デザイナーたちが、毎週課題を与えられ、オリジナルのルックをデザイン、制作し競い合うという、ファッション版スター発掘オーディション番組。

今シーズンの参加者は10名で、ストリートファッションが「人生の一部」だと語るオフセットの他、クリエイティブ・ディレクターのBephie Birkett(べフィー・バーケット)、スタイリストのMarni Senofonte(マーに・セノフォンテ)といったストリートファッション界のエキスパートが審査員として出演する。

審査員は、デザイナーのルックが気に入った場合は作品に「共同署名」という形でクレジットされるが、そうでなければ参加者を退場させなければならないため、否が応でも辛口で残酷な審査が展開されるようだ。また、ウィズ・カリファ、A$AP Ferg(エイサップ・ファーグ)などの有名なクリエイターも次々と参加するほか、あのカーディ・Bの出演も決まっており、オフセットとの夫婦共演も実現する。

YouTubeに公開されたトレイラームービーでは、プロデュースを務めるオフセットがストリートファッションへの思いやファッション遍歴、そして参加者へ向けて激励のメッセージを送っている。

「流行遅れなんてものはない。流行は必ず戻ってくる。2000年代初頭のヒップホップのスタイルと言ったら、全てが超ビッグサイズだった。それが2000年代中盤になると、細身が流行るようになってスキニージーンズがファッションの中心だった。そして今はまたバギースタイルっていういわゆる“オーバーサイズ”が流行ってる。流行ってのは自然と繰り返されるものなんだ」

「俺はタグを見ない。誰がデザインしたかなんて気にしない。俺は作品に芸術性を求めてるんだ」

「自分のブランドに1000%の責任を持て。もし他と違ってるものが作れて、誰かに気に入ってもらえたら、それをとことん活かせ。そしてSNSを使って発信しろ。つらいときがあっても落ち込むな。努力が実を結ぶには時間がかかるものだ」

厳しい審査を通じて、新たなスターデザイナーが生まれる予感がビンビンな『The Hype』はHBO Maxで放送中。今のところ日本での放送は未定だ。

TAGS