常田大希(King Gnu/millennium parade) 「音楽シーンは変わる、また熱を帯びる」

アディダスは、アスリートやアーティストによるオンライン対談や、家族や友人と楽しめるコンテンツを展開する「#HOMETEAM」プロジェクトを展開。

その新たなコンテンツとしてサッカー・浦和レッズDF槙野智章選手と常田大希(King Gnu/millennium parade)がオンラインで初対談した『THE HUDDLE』が公開された。

adidas Football/YouTube

初対面の2人は、緊急事態宣言下における自宅での生活や、スポーツと音楽における共通点を語った。
槙野選手は自宅でオンライントレーニングを行い、最近では振付師の指導でダンスも採り入れているそう。再開したときのために、「いろんな選手が何をしているのか探りを入れながら、自分は新しいことをやってやろうと行動している」と話す。
これに対して常田は「音楽もやっぱり、今、時間がみんなある分、ふだんより作品を作る時間はすごくあるから、これが落ち着いてからの音楽シーンっていうのはまたちょっと、変わるというか熱を帯びるというか…」と展望した。

また、槙野は常田を「ファッショニスタ」と評した。謙遜しながらも、常田はファッションのこだわりは「家とステージ上を変えたくない。そのまま寝てそのままステージ立てるぐらいがチョイスの基準」だと語った。一方、槙野のこだわりは「ユニフォームをサイズ小さめに着て、体のラインを見せる」「ソックスに対して多めにテープを巻く」といった、お客さんに「あの選手、面白いね」と思ってもらえることを常に心がけてるという。

プライベートな話も盛り上がった所で、最後に槙野は常田をサッカーのスタジアム観戦へ誘い、意気投合し対談を終えた。

TAGS