正体を知る者は誰もいない男 vs 誰でも殺せる男

世界的メガヒットとなった『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』を手掛けた“ルッソ兄弟”ことアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソが監督を務めるノンストップ・アクション超大作『グレイマン』が、7月22日(金)よりNetflixにて独占配信される。

Netflix Japan/YouTube

本作では、ライアン・ゴズリングがとある理由から命を狙われる身となったCIA工作員 コート・ジェントリー役、クリス・エヴァンスがコートを追う元同僚 ロイド・ハンセン役、そしてアナ・デ・アルマスがコートを援護する工作員 ダニ・ミランダ役を演じ、熾烈な追走劇を繰り広げていく。

ライアン演じるコートは、正体を知る者は誰もいない男=“グレイマン”の異名を持つCIA随一の優秀な雇われ工作員。ある日所属する組織の“超重要機密”を知ってしまったことで、命を狙われることに。予告編では、向こう見ずな熱きコートが、真逆の冷酷でサイコな元同僚ロイドに執拗に追われながらも、立ち向かう姿が映し出されている。覚悟を決めた表情で逃走を図るコートに対し、まるで楽しむかのような表情を浮かべながら、彼を仕留めようとする冷淡なロイドの姿が描かれ、波乱の展開を予感させる。

「誰でも殺せるさ」と不敵な笑みを浮かべながら豪語するロイドは、まるでコートの命をもて遊ぶかのように、あらゆる手段で絶体絶命とも言える状況に追い込んでいく。しかし一方で、コートがダニの援護を受けて敵をかわしたり、追い詰められたと見せかけて逆に罠にかける姿など、強靭な能力を見せ、一筋縄ではいかないスリリングなバトルが繰り広げられる。

さらに映像には、先の全く読めない展開に加えて、激しい肉弾戦や銃撃戦、目にもとまらぬ速さで巻き起こるカーチェイスなど、豪華キャスト達が繰り広げる息つく間もない壮絶なアクションシーンも満載。奇襲により街中で突如始まる銃撃戦や、屈強な男たちとの肉弾戦、壮絶な大爆発など、超絶スケールで繰り広げられるダイナミックな映像は瞬き禁止シーンの連発だ。コートとロイドによる壮絶な追走劇はどんな結末を迎えるのか?

本作では、『ブレードランナー 2049』『ラ・ラ・ランド』で人気のライアン・ゴズリングと、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のキャプテン・アメリカでおなじみのクリス・エヴァンスに加え、『ブレードランナー 2049』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のアナ・デ・アルマスという豪華キャストが共演。また世界的大ヒットシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェシカ・ヘンウィック、Netflixシリーズ「ナルコス」に出演のワグネル・モウラなど実力派俳優陣も脇を固める。

映画『グレイマン』は、7月22日(金)よりNetflixにて独占配信開始。なお、一部劇場での公開も予定されている。

TAGS