ウェス・アンダーソン監督が紡ぐ4つの物語 記念すべき第10作目 『フレンチ・ディスパッチ』

『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞4部門受賞したことでも知られる、ウェス・アンダーソン監督待望の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の日本公開日が2022年1月28日(金)に決定した。

サーチライト・ピクチャーズ/YouTube

『ダージリン急行』(07)、『ファンタスティック Mr.FOX』(10)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)といった名作の数々を生み出したウェス・アンダーソン監督の記念すべき第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ誌」の編集部。一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。
ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは?

予告編は、ナレーターの「始まりは休日だった」という言葉にはじまり、「フレンチ・ディスパッチ誌」がどのようにして誕生したのかが説明される場面からスタート。ビル・マーレイ演じるアーサー・ハウイッツァー・Jrが編集長を務める「フレンチ・ディスパッチ誌」は、オーウェン・ウィルソン演じる向こうみずな自転車レポーターのサゼラック、ティルダ・スウィントン演じる批評家であり編年史家のベレンセン、フランシス・マクドーマンド演じる孤高のエッセイストのクレメンツ、ジェフリー・ライト演じる博識家のローバック・ライトといった、アーサーが誇る当代一の海外ジャーナリストたちが勢揃い。そんな彼らがアーサーの不幸をきっかけに、「自転車レポーター」「確固たる名作」「宣言書の改定」「警察所長の食事室」と名付けられた思い出のスクープの数々を振り返っていく。各ストーリーでは、ベニチオ・デル・トロ、レア・セドゥ、ティモシー・シャラメ、シアーシャ・ローナンといった豪華キャスト陣がユーモアに溢れた個性的なキャラクターに扮する姿も確認できる。

毛色の違った4本の物語と錚々たるキャスト陣をウェス・アンダーソンがどのようにまとめ上げるのか期待が膨らむ。10作目の渾身の想いが詰まったウェス・アンダーソン監督最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、2022年1月28日(金)より公開。

なお、2021年10月30日(土)~11月8日(月)の10日間で開催される「第34回東京国際映画祭」ガラ・セレクション部門に出品されることも決定した。

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

TAGS