カンヌで9分間のスタンディングオベーション 各方面で大絶賛『フレンチ・ディスパッチ』

ウェス・アンダーソン監督待望の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2022年日本公開)。本作は、「第74回カンヌ国際映画祭」でコンペティション部門へ正式出品され、レッドカーペットにウェス・アンダーソン監督、ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、そして音楽を担当したアレクサンドル・デスプラが登場した。

世界的なパンデミックにより、約2年ぶりの開催となったカンヌ国際映画祭。会場は大勢のマスコミ陣と、ファンたちでにぎわい、大盛況。そんな中、ウェス・アンダーソン監督率いる豪華面々が、今年は定番の黒塗りのセダンではなく、出演者全員が乗り合わせてバスで登場。すると、スチールからはフラッシュの嵐が巻き起こり、ファンからは黄色い歓声が飛び交った。

ティモシー・シャラメやオーウェン・ウィルソンらは、サインやセルフィーといったファンからの要望に応える姿も。また、ウェス・アンダーソン監督は自らのスマホを持ちだし、全員で記念撮影をするなど、ウェス組らしいアットホームなレッドカーペットとなった。

その後開催された公式上映には、事前の予約開始と共に大量の申し込みが殺到し、瞬く間に満員御礼に。上映後は約9分間ものスタンディングオベーションが起き、Telegraph誌の5つ星をはじめ、米批評家たちによるレビューサイト「Rotten Tomatoes」では【100%FRESH】(7月13日時点)と各方面で大絶賛されている。

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

TAGS