愛すべきゾンビ・コメディ 『デッド・ドント・ダイ』 B・マーレイ × T・スウィントンからメッセージ

新型コロナウイルスの影響で公開を延期していたジム・ジャームッシュ監督の最新作『デッド・ドント・ダイ』が、6月5日(金)より劇場公開されることが決定。いよいよ公開が決定した日本へ向けて、本作に出演するビル・マーレイとティルダ・スウィントンからのメッセージ映像が解禁となった。

映画配給会社ロングライド/YouTube

本作は、2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取って日本でも大ヒットした『パターソン』より前からジム・ジャームッシュ監督が構想を温めていたという、3年ぶりの最新作。世界中の映画ファンからリスペクトを受ける鬼才ジム・ジャームッシュがついにソンビ映画を手掛けたことで話題沸騰。2019年の第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露され、世界中を興奮に包んだ、最高に愛すべきゾンビ・コメディーだ。

本作で日本刀を携えた謎の葬儀屋・ゼルダを演じたティルダ・スウィントンからは、「日本のファンの皆さん、なるべく早く会いに行くわ」と神々しくさえ見える微笑みで、ファンの胸を熱くさせるメッセージが届いた。

また、田舎町の警察署長・クリフを演じたビル・マーレイからは「日本の皆に会いたいよ。ありのままの日本が恋しい」という嬉しいメッセージが到着。ビルと日本といえば、東京の街を舞台にしたスカーレット・ヨハンソンとの共演作『ロスト・イン・トランスレーション』(03)が思い浮かぶが、『ゴーストバスターズ』シリーズ最新作など話題作が続々なだけに、次の来日はいつになるのか本当に待ち遠しい。

延期から約2ヶ月を経て、いよいよ全国公開を控える本作。先行公開決定時にジャームッシュから届いた「安全には気をつけて!危険を犯さず、くれぐれも常識的に、そしてクールに!」「こんな時期だからこそ、自分自身、そしてお互いに気を遣い、大切にしよう」というメッセージを忘れることなく、ぜひ、大きなスクリーンで愛すべきゾンビ・コメディーを楽しんで欲しい。

なお、事前に販売されていた前売券(ムビチケオンライン券/ムビチケカード)は、延期後の上映でも使用可能。現在、配給会社ロングライド公式オンラインストアでは、本作の【豪華特典付き】ムビチケカードも販売中だ。(6月4日まで)

©️2019 Image Eleven Productions, Inc. All Rights Reserved.

TAGS