噛みつき、金的以外は何でもあり “素手ボクシング”危険すぎる戦い

グローブなしで殴り合う過激なスタイルで人気になっている格闘技の新興団体『ベア・ナックル・ファイティング・チャンピオンシップ(BKFC)』。

YouTube

「ごちゃごちゃ言わんと誰が強いか決めたらいいんや!」的方針でスタートし、グローブはなくてもOK。噛みつき、金的以外はなんでもあり。参加選手も元力士や忍者など、怪しい感じの人達も参加しているのが魅力だった。競技として成熟するにつれ、ルールも含めた技術や戦略も要求されるスポーツになっていった。だからこそグローブなしで戦うBKFCのスリリングさが、より際立つ形になっている。

スポーツとして正式な認可は受けているのだが、まるで非合法な地下クラブでのファイトを観ているような背徳感。とはいえ、当初よりも参加選手のスキルが高くなっているので、一撃の比重と過激さはこのハイライト集を見れば分かるだろう。

BKFCがこれから先どのような進化をみせるか。まだまだ未知数だからこそ、今のうちにぜひ一度チェックするべきだ。

TAGS