“立ち技最強のタイマン” 全格闘技ファン待望!天心、武尊戦に電撃参戦

那須川天心がK-1の試合会場に姿を現した。3月28日(日)日本武道館で開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.2~』では、武尊がレオナ・ペタスと対戦。天心はその試合を観戦する様子を自身のYouTubeにアップした。

那須川天心チャンネル/YouTube

来訪することが決まったのは大会前日で、天心は「サプライズですよね」とK-1ファンの反応を気にしながらも会場へ。姿を現すと大きな歓声が起き、天心は両手を上げて応えた。

武尊の試合が始まると、天心は腕を組みながら微動だにせずに観戦。武尊が勝利した瞬間にだけ、腕を解いて賞賛の拍手を送った。

試合後のマイクパフォーマンスで武尊は「今日会場にスペシャルゲストが来てくれている」と天心を紹介すると「天心選手と最高の舞台で最高の試合をやりたいと思ってる」と発言。天心は前向きな意思を示すように拍手を送り、会場を後にした。

K-1ファンが受け入れてくれたことに、天心は「うれしかったです」と正直な想いを吐露して、試合内容については「いい試合でしたよ、すげえよかった」と絶賛した。

武尊の勝因については「実力とか関係ない部分が出る」と語った天心は「やっぱり、なんだかんだで“持ってる”男なんですよ、武尊選手は」と続けると「どんだけピンチって言われても。僕もそうじゃないですか。『いや、今回は危ないでしょ』っていう場面を相当超えてきた選手」と、自身と重ね合わせてコメントをした。

武尊との対戦は現実的にあり得るのか? という質問に対しては「まだ何も決まってない」と白紙の状態だとして、今回の来場については「武尊選手が前回来てくれたので、それのお返しをいうか敬意を込めてきた」と説明をした。

「久々に刺激のある一日だったかなと」と振り返った天心は、最後に「今後も驚かせていきますよ」と意味深に発言をしていた。

TAGS