木村拓哉 × Ray-Ban 最も頻繁に愛用する「ウェイファーラー」

先日発表され話題を集めたRay-Ban(レイバン)と木村拓哉のコラボレーションより、第1弾「アビエーター」に続き、「ウェイファーラー」が登場。

Ray-Banのウェイファーラーは僕の日常的にあるサングラスで、いくつも持っています。
(木村拓哉)

数多くあるRay-Banのアイコンの中で木村が最も頻繁に愛用しているという「ウェイファーラー」。今回のコラボは、木村自身がセレクトした2種類のライトカラーレンズのオリジナルコンビネーションとなる。

シャイニーブラックフレームにライトオレンジレンズ、そしてマットブラックフレームにライトグレーレンズの2色で展開されるコラボモデル。テンプルエンドには木村の手書きによる“Takuya. K”のサインが刻印され、今回だけの専用ボックスとケースもコラボレーションロゴが入った特別仕様となっている。

スタンダードな黒縁にRay-BanオリジナルのグリーンレンズG-15やライトブルーレンズ、それから調光レンズなど、どれも僕のどんなスタイルにも馴染むので自分らしく自然体でいられるアイテム。今回のコラボレーションでは、カプセルコレクション用に開発してもらった新色のライトカラーレンズを質感の異なるブラックのフレームに合わせました。かけた人が自信を持って自分らしさを表現する、後押しとなるアイテムになってくれたら嬉しいです。
(木村拓哉)

Ray-Ban × TAKUYA KIMURA「ウェイファーラー」は4月29日(木・祝)より、全国のRay-Ban StoreおよびRay-Ban公式オンラインサイトにて先行発売され、5月3日(月・祝)からは全国の厳選されたRay-Ban取扱店舗でも発売予定。

Ray-Ban Films/YouTube

TAGS