武尊、“パワハラ騒動”TKO木下をフルボッコ ガチで追い詰めるとどうなるか?

武尊が、TKO・木下隆行を極限まで追い詰め「あのスキャンダル」を再び起こしてしまうのかを検証した。

武尊 / TAKERU/YouTube

武尊はYouTubeチャンネルのコラボ企画でジムに木下を招き、黙々とジムの壁中に大量のペットボトルを並べていった。木下といえば、後輩芸人にペットボトルを投げつけるというパワハラ行為が発端となって事務所を退所している。

収録が始まると、武尊は木下のことを「ホントいい人なんですよ」と紹介。木下が再起をかけて体を鍛えている情報を入手したことを明かして「バチバチ鍛えようかな」と企画の内容を説明。
しかし鍛えるというのは表向きの内容で、武尊は「今日は木下さんにめちゃめちゃ厳しいトレーニングをしてもらって、木下さんがペットボトルを投げなくなったのか、というのを検証したいと思います(笑)」とネタバラシ。木下は「アホなん!?」と動揺しきりだった。

騒動がトラウマになっていることから「世界で一番ペットボトルを投げない男」と豪語する木下に、武尊はまずミット打ちを指導。ワン・ツーを打たせると実戦練習さながらにミットで打ち返したり、カウンター気味に軽いローキックを入れるなど、早速“しごき”がスタートした。
ミドルキックの練習では、武尊が「遅いよ!」と前蹴りを入れて木下が吹っ飛ぶ場面も。さらに武尊は息も絶え絶えな木下に水の入ったペットボトルを渡して「投げちゃダメですよ?」と挑発するなど、木下を徹底的に追い込んだ。

木下は「止めてください」「武尊より強い人いない?」と撮影の中断を求めたが武尊は止まらず、最後はスパーリングをすることに。当然勝負にはならず、木下は不意打ちをするなどして抵抗するも、武尊の左の一発でダウンした。

ここで武尊がかけよってペットボトルを木下のもとに集めたが、木下は「ぶっちゃけていい? 投げるどころじゃないのよ」と、思考が回らないほどのグロッキー状態だと訴えた。

武尊が「じゃあ投げないっすか?」と最終確認すると、木下は「もう絶対投げないです、本当に投げないです何があっても。ほんとに申し訳なかった」と、涙を流して懺悔した。

武尊は「木下さんはホントはそんなに悪い人じゃないんだよ、ということをみんなに知ってもらいたくて」と再度企画の趣旨を説明して、本来ならプロでもやらないような厳しい練習だったことや、使用したペットボトルは1か月かけて自分でコツコツ集めたものだと告白。

最後に視聴者に向けて「いろいろありましたけど本当にいい人なんで、みんなこれからも応援してあげてください」と呼び掛けていた。

TAGS