「お前は地獄を見るんじゃ」広島ヤンキーを鉄拳制裁 竹原慎二、ガチスパーリング

元ボクシング王者の竹原慎二が、今度は広島の不良たちに愛のムチを入れた。竹原のYouTubeチャンネルで公開された動画「広島の舐めたヤンキーに鉄拳制裁」では、広島の喧嘩自慢たちとやり合うまでの一部始終が撮影されている。

竹原テレビ/YouTube

広島にいる姪っ子のテレビ番組に出演した竹原。番組の撮影パートでは犬やその飼い主と触れ合うなど終始和やかに進んでいたが、エンディングの撮影中に「握手してくださいよ」と、カメラを無視して若者たちの集団が乱入。

最初は軽くあしらっていた竹原だったが、タバコを吸いながら握手を求めてくるなど若者たちの態度の悪さに「お前らマナーがなってない」と説教。竹原の目の前でタバコのポイ捨てをした若者に激怒して揉み合いになり、スパーリングで白黒をつける展開となった。

近くにあるジムに移動し、勝手にサンドバッグを殴る蹴るする若者たちを見て竹原は「ガチでやっちゃっていいかね」「秒殺していい?」と周囲に確認。スパー直前には「いまからお前は地獄を見るんじゃ」と言い放った。

スパーが始まり、威勢よく竹原に殴りかかる喧嘩自慢の若者だったが、竹原は軽くあしらいながらノーガードの顔面に次々と軽いパンチを入れる。外野の若者たちは「地獄見せてやれ」「〇〇したれ」といった好き放題にヤジを飛ばした。

そして、竹原が放ったボディで若者は悶絶。1撃で打ち返す力を失ってしまったが、竹原は若者を起こして「3分ぐらい耐えろ」と檄を飛ばす。若者はフラフラになりながら耐えたが、スパーが始まって3分半をすぎたころにトドメのボディが入って終了となった。

竹原は「3分半もったな、すごいよ」と若者の健闘を称えながら、ヤジを飛ばし続けた外野には「残りの奴ら、3分も戦えないくせに偉そうにすんじゃねえよ」とピシャリと言い放っていた。

TAGS