喧嘩自慢をブッ倒してきた“殺人パンチ” 秘密が明らかに

元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二が自身のYouTubeチャンネルで「パンチの打ち方」を徹底解説した。

竹原テレビ/YouTube

最初にボディの打ち方については「腰から動き、あとから腕がついてくる」と、身体を連動させることが大切だとして、打ち方についてはタイミングがなによりも大事だと力説。
特に呼吸に合わせたボディは有効で「ボディは結局、息吸ってるときに入んないと痛くない、効かない。力入れてたら耐えられる。どう相手が呼吸しているときに入れるか」と解説。ボディを打つのが上手い選手としては那須川天心、井上尚弥、井岡一翔の名前を挙げた。

竹原は実際にボディ用のミットを装着したスタッフを相手にパンチを実践することに。打つポイントとなるストマック(胃)、みぞおち、レバー(肝臓)のうち、竹原は「レバー打つのが好きなんで」と、レバー打ちを披露した。

身体を揺らしてリズムを作りながら「さりげなくポーン! って力入れていないときに」と解説しながらボディを打つと、スタッフが思わずフレームアウトする場面も。顔を打つと見せかけてのボディ、ボディを打つと見せかけての顔へのパンチといったフェイントについても実際にやってみせた。

続いては右ストレートの打ち方も説明。構えについて「右わきに軽くタオルをはさみ、落とさないように」という脇を締めるときのイメージ方法を解説し、打ち方は腰を回して最後に手が出るのが竹原流だという。

スマートなパンチについて「右足で蹴る、左足を軸にして、パンチを打つ」という順番で、バランスを崩さずに腰を回転させるのがポイントだとアドバイスした。

さらに竹原は数々の強敵を倒してきたワンツーも披露。数回ミットを鳴らすと「全然タイミングが合わない、もう歳だ(笑)」と自虐的なコメントをしたが、切れ味は健在だった。

TAGS