地獄へようこそ!怪物と戦うイ・シヨンのヤバすぎるフィジカル

韓国ドラマにまた新たなヒット作が誕生した。現在Netflixで配信されている『Sweet Home〜俺と世界の絶望〜』はもうチェックしただろうか。2020年12月に配信されると、視聴数が世界42カ国でトップ10入り、アメリカにおいては韓国ドラマとしては初となる視聴数8位を記録した“マストチェック”作品である。

Netflix Japan/YouTube

同作は、家族を失った引きこもりの男子高校生が、引っ越した先の古びたアパートで次々に経験する奇怪な出来事を描いたホラー作品。外界と断絶されたアパートでは、残忍な怪物に姿を変えた人間たちが暴走し、住人たちが生死をかけた戦いに否応なく巻き込まれていくという奇妙なストーリーだ。

物語のユニークさに加えて、出演する女優イ・シヨンの鍛え上げられたシックスパック、さらにはアクションシーンも話題となっている。イ・シヨンが演じるのは、特殊部隊出身の元消防士イ・ギョン役。イ・ウンボク監督によれば、同役は「彼女以外に考えられなかった」と言わしめるほどに適役だったそう。というのは、イ・シヨンは過去に別の作品でボクサーの役を演じる機会があり、以来ボクシングにかなり真剣に取り組んでいたそうだ。そしてその実力は、全国生活体育ボクシング大会女子50kg級優勝、全国アマチュアボクシング選手権では準優勝するほど。

Netflix Japan/YouTube

一方でイ・シヨン自身にとっても念願のアクションシーン満載の作品への出演とあって、かなり念入りに役作りに励んだようだ。例えば、撮影に当たり、よりタフな女性に見せるためにかなり体を絞らなければならないと考え、トレーナーの助言もあり、体脂肪率を8〜9%に落としたと語っている。女性としてはかなりハードなトレーニングを積まなければ実現できない数字である。また撮影の6カ月前からトレーニングをしたというアクション演技もキレッキレ。スタントに頼らず自身でアクションシーンを演じたかったそうだが、トレーニングの成果がものの見事に映像から伝わってくる。その雄姿はもはやアスリートである。

手に汗握るストーリーでイッキ見必須の『Sweet Home〜俺と世界の絶望〜』はNetflixで配信中。

TAGS