フットボールは人生だ ある街の熱狂的サポーターとサッカークラブの激闘

イングランドのサッカークラブ、サンダーランドに密着したスポーツドキュメンタリー『サンダーランドこそ我が人生』が、Netflixで公開されている。本作はプレミアリーグから降格し、2017-18シーズンで1部復帰を目指すチームの戦いぶりを追っている。

Netflix UK & Ireland/YouTube

140年もの歴史を持つビッグクラブであるサンダーランドAFCは、プレミアリーグ(1部)と2部リーグを往復しながらも、2007年から10年にわたってプレミアリーグに参加していた。だが、2017年に2部へ降格になってしまい、2017-18シーズンを10年ぶりの2部リーグで迎えることになる。

YouTube

サンダーランドAFCが拠点とするのは、イングランド北東部の都市・サンダーランド。ここは労働者階級が多く住むサッカーの街だ。サッカークラブ関連の雇用も多く、住民の話題や生活の中心が地元のサッカーチームとなっている。チームの成績によって彼らの日常や人生が変わると言っても過言ではないだろう。

もちろんサンダーランドのサポーターは熱狂的だ。チームの勝利は街の繁栄と成功を意味し、住民たちは教会へ通うように試合へ足を運ぶ。街を支えるサッカークラブを愛し、チームに人生を捧げる人も多い。原題になっている『SUNDERLAND ‘TIL I DIE(サンダーランドこそ我が人生)』は、サポーターたちの合言葉だという。

1部リーグへの昇格を目指すチームの選手たちは、そんなサポーターからの愛情とプレッシャーを感じながら、それぞれが懸命に努力し、結果を出そうと励む。しかし、チームは苦しい状況が続き、崖っぷちに立たされてしまう。

就任した監督たちは、チームの運命を変えられると意気込みながらも、実際にはそう簡単にはいかない。有能な人材を探し、資金不足を解消しようとしながら、チームの昇格を目指す。もし失敗すれば、監督の責任であることも理解している。

チームの再起を目指す監督やクラブ関係者、選手たち、サポーターの姿を追ったドキュメンタリー『サンダーランドこそ我が人生』は、Netflixで独占配信中。

TAGS