約40年の時を経て劇場初公開 ヒップホップはどのように誕生したのか?

ヒップホップ黎明期を記録した1983年製作のドキュメンタリー映画『Style Wars』が、3月26日(金)より劇場初公開される。

YouTube

約40年の時を経て公開される本作は、1970~80年代初頭にアメリカ・ニューヨークのサウスブロンクスで誕生した“グラフィティー”をテーマに、ラップやブレイキンなど、後に“ヒップホップ”と呼ばれるカルチャーが生まれる瞬間を捉えた貴重なドキュメンタリー作品。同時期に制作された『Wild Style』(1982年)と共に【ヒップホップヘッズのバイブル】として語り継がれていた。日本ではDVDが発売されていたが、劇場公開は今回が初となる。

登場する無名の少年たちは、バスキアやキース・へリング、バンクシーらへとバトンを繋ぎ、彼らはアーティストとして“作品”を手がけるように。さらに世界中のミュージシャンがラップを当たり前のように楽曲に取り入れ、ブレイキンが2024年パリ五輪の追加競技種目にも決定するなど、今ではメジャーカルチャーとなったヒップホップがどのように誕生したのか、当時のリアルな空気感を体験できる1作となっている。

出演は、Skeme、Rock Steady Crew、Dynamic Rockersらが名を連ね、監督はトニー・シルバーが務めた。

こんなフィルムが残ってるなんて!で、今回の生々しい記録でも明らかだが(『ワイルド・スタイル』でもわかる)、この頃のヒップホップ界隈にはヒスパニック系なども多かったのだ。こうした人種の、起源での混在は何度強調しても足りない。(作家・クリエーター/いとうせいこう)

伝説のドキュメンタリー映画『Style Wars』は3月26日(金)より、渋谷ホワイトシネクイント、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

©MCMLXXXIII Public Art Films, Inc. All Rights Reserved

TAGS