小さな光、意味深メッセージの意味とは 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4

Netflixでシーズン1〜3が独占配信中の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。シーズン3配信から約3ヵ月で、早くもシーズン4の製作が決定した。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、1980年代の小さな町ホーキンスを舞台に、少年ウィルの失踪事件を巡り、家族や友人、地元警察が不可解な事件に巻き込まれていくスペクタクル・アドベンチャー。

ウィルを探していた親友の少年たち、マイク、ダスティン、ルーカスの3人は、謎の少女「11(イレブン)」と出会う…。すべての不可解な謎をつなぐ、小さな町に隠された恐ろしい秘密とは…。

80年代の名作映画へのリスペクトが込められたドラマチックな展開と、息もつかせぬ緊張感あふれるスリラー描写が組み合わさった本作は、エミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞、全米映画俳優組合賞、全米監督協会賞、全米脚本家組合賞、英国アカデミー賞、美術監督組合賞、ピープルズ・チョイス・アワードなど数々の栄誉ある賞に合計50回以上もノミネート。世界的なヒットとなり、社会現象とも言えるムーブメントを巻き起こした。
さらにシーズン3は、Netflixにて配信されたオリジナル映画・シリーズにおいて配信後4日間で過去最大の視聴者数の記録を樹立した。

Netflix Japan/YouTube

今回突如公開された最新作シーズン4の特別映像には、「ここはもうホーキンスではない」という意味深なメッセージがあり、新たなシーズンでも壮大なドラマが待ち受けていそうだ。

またNetflixは、本作の制作者でありショーランナーのダファー・ブラザーズと複数年にわたる包括契約を結んだことを発表した。
ダファー・ブラザーズは、「初めてこの作品をプレゼンした時からシーズン3の配信開始に至るまで、Netflixのチームは画期的に素晴らしく、温かな支援や指導、そしてクリエイティブにおける自由という、私たちがずっと夢見てきた環境を提供してくれました。今後も共にさらなるストーリーを発信していけることを心から楽しみにしています。まずは、もちろん“裏側の世界”に戻る旅です!」と語っており、Netflixコンテンツ最高責任者テッド・サランドスは、「ダファー・ブラザーズが“裏側の世界”から持ち帰ってくるものを目にするのが待ちきれません」とコメントしている。

シーズン4でどのような物語が展開していくのか…?早くも期待が高まる。

View this post on Instagram

we just got the chills

A post shared by Stranger Things (@strangerthingstv) on

View this post on Instagram

we need to be alone…with… our feelings ❤️

A post shared by Stranger Things (@strangerthingstv) on

TAGS