スティーブ・ジョブズ、「New Balance」のデザイン開発に関わっていた

毎日同じ服を着ることにこだわったAppleの創業者スティーブ・ジョブズ。「ISSEY MIYAKE」の黒のタートルネック、「LEVI’S」のデニムに、「New Balance」のグレーの「990」または「992」を合わせるのが彼の定番スタイルだった。決断を減らす“ノームコア(ノーマル+コア)”と呼ばれるシンプルなスタイルを貫く彼は、ミニマリストの1人としてファッションの世界にも影響を与えた。

「New Balance 992」や990番シリーズのデザイン開発にはジョブズが大きく関わったと言われている。「New Balance」会長のジム・デイビス宛てに「シンプルなレザーシューズより、スポーティーでカッコいい靴を履きたい」と願う個人的な手紙を送ったのが始まりで、ジョブズが描いた理想的なシューズのラフスケッチが990番シリーズの元になったという。

偉大なジョブズに敬意を表し、ドイツのスニーカーショップ<43einhalb>が、2006年に発売されて2020年2月に待望の復刻を果たした「New Balance 992」を含めた「One more thing」シリーズの広告デザインを発表。

ジョブズがプレゼンテーションの終盤に、お決まりのフレーズ「One more thing(そして、もう1つ…)」とともに披露する新たなプロダクトやサービスは、人々の想像を超えるものばかりだった。

この名言にちなんだ<43einhalb>による「One more thing」シリーズ広告では、眼鏡、時計、アイデアを書き留めていたスケッチブックといったジョブズが愛用したアイテムや、彼が生み出したApple製品とともに、パソコンの配色とも調和するグレーとタンカラーのミニマルなカラーリングが際立つ「New Balance 992」がディスプレイされている。

「New Balance 992」は、グレー、タンカラー、ブラックの3カラー展開。発売されると同時に即完売し、日本では長らく再入荷待ちだったが、現在New Balance公式オンラインストアにて31,900円(税込)で再発売されている。

TAGS