日本のアニメスタジオが描く、新しい『スター・ウォーズ』9つの物語

「スター・ウォーズ」を題材に、日本を代表する7つのアニメスタジオが独自の“ビジョン”で描く9つの新しい物語『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が、9月22日(水)よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信される。

ディズニープラス/YouTube

この度、全9作品の“キーマン”となるキャラクターが一堂に集結したキービジュアルが世界同時解禁となった。黒澤映画の雰囲気が漂うキャラクターや可愛らしいウサギのような姿をしたキャラクターなどが描かれ、まさに日本のクリエイターたちが日本の文化や風習、感性を取り入れて描いた新たな「スター・ウォーズ」が誕生した。

神風動画の『The Duel』からは、まさに黒澤映画から飛び出してきたような風貌で赤いライトセーバーを持つ浪人の“ローニン”と、一緒に旅をするドロイド“R5-D56”。キネマシトラスの『村の花嫁(英題:The Village Bride)』からは、赤い髪飾りを付けた金髪の女の子“ハル”とマスクを被ったキャラクターの“ヴァン”。サイエンスSARUからは『T0-B1』に登場する可愛らしい少年型ドロイド“T0-B1(ティーオービーワン)”と『赤霧(英題:Akakiri)』からは緑色の目をしたヴィランの“マサゴ”。ジェノスタジオの 『のらうさロップと緋桜お蝶(英題:Lop and Och?)』からはキュートなウサギのような姿をした種族の女の子“ロップ”とオレンジ色の二頭身のドロイド“TD-4”。スタジオコロリドの『タトゥイーン・ラプソディ(英題:Tatooine Rhapsody)』からは「スター・ウォーズ」映画シリーズに登場し、ファンから根強い人気を誇る“ボバ・フェット”。トリガーからは『THE TWINS』に登場するショートヘアでライトセーバーを構えた姿の“Karre(カレ)”、そして赤い線が入ったマスクを被ったキャラクターが登場。『The Elder』の「スター・ウォーズ」の正史にも登場しそうな雰囲気で青いライトセーバーを構える“ダン”。プロダクション I.G の『九人目のジェダイ(英題:The Ninth Jedi)』からは青いライトセーバーを持つ威厳のあるキャラクター“ジューロ”が描かれている。

キャラクターたちは果たしてどのような活躍を魅せるのか?日本のアニメーション業界をけん引するクリエイターたちが描く新たな「スター・ウォーズ」の物語。『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、9月22日(水)よりDisney+にて独占配信。

©︎2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

TAGS