日本のストリート、スケートボーダーのリアル 『STAND STRONG』

「2020年東京オリンピック」での正式種目決定により日本でも急速に盛り上がりを見せるスケートボードを題材とした映画『STAND STRONG』(7月24日よりTOHO シネマズ池袋ほか、全国ロードショー)。

YouTube

日本のストリートを舞台に、スケートボーダーたちの光と影をリアルに描いた青春群像映画だ。主人公は、スケートシーンをはじめ、様々なシーンで活躍する4人のスケートボーダーたち。
スケートシーンの一翼を担うスケートボーダーであり、スケーター・タレントとしての認知も高まる中田海斗。世界最高峰の大会「FISE WORLDSERIES HIROSHIMA 2019」スケートボードストリート部門で初優勝を果たした佐川涼。10代のクルーを牽引し、次世代をリードするバイリンガルスケーター松本崇。ルイヴィトンやTAKEOKIKUCHIのモデルとしても活躍するニューエイジ日高大作レイの4人がスケートボードに人生を捧げるスケートボーダーのリアルライフを演じる。

撮影はオールロケにて敢行。ストリートカルチャーの中心であるTOKYOをはじめ、数々のスケートスポットで撮影された。大会シーンでは日本スケートボード協会、ARKLEAGUE、ムラサキスポーツの協力により臨場感溢れる大会が実現した。

主題歌はLIBRO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、Bose(スチャダラパー)、CHOZEN LEE(FIRE BALL、THE BANG ATTACK)の4人が担当する。

(C)2020 Team STAND STRONG

TAGS