地獄はどっちだ? 『イカゲーム』は現代の社会を象徴

2021年9月17日に配信開始されるやいなや、世界の90カ国で1位を記録し、Netflix史上最大のヒットとなる可能性が出てきた韓国ドラマ『イカゲーム』。456億ウォン(約42億円)という巨額の賞金をめざして456人の参加者たちが子どもの遊びを取り入れたデスゲームに挑戦するサバイバルスリラーだ。

Netflix Japan/YouTube

勝てば天国、負ければ……即死。賞金に目がくらみ、奇妙なゲームへの招待を受けた参加者たちを待っていたのは、昔ながらの遊びを取り入れた死のゲームだった。生きて賞金456億ウォンを手にするのは誰か?

主人公はドラマ『補佐官』のイ・ジョンジェが演じるソン・ギフン。ギャンブル狂で多額の借金を抱える男で、離婚して娘がいる父親でもある。さらに、ドラマ『刑務所のルールブック』のパク・ヘス演じる幼馴染のチョ・サンウをはじめ、ドラマ初挑戦となるモデルのチョン・ホヨン演じる脱北者カン・セビョクなど様々な理由で金を必要とする参加者たちが、巨額の賞金を目当てに命懸けのゲームに挑戦することに……。

本作には韓国の昔ながらの子どもの遊びが6つ登場する。なかでも、タイトルになっている陣地取りゲーム「イカゲーム」は“現代の社会を象徴するゲーム”だとファン・ドンヒョク監督は考えている。
なお、ドンヒョク監督には10年以上前から本作の構想があったが、当時は奇妙で暴力的な物語の内容がスタジオから難色を示されていたそうだ。過激なサバイバルものがより受け入れるようになった現代にドラマシリーズとして製作されたことで、人々にとってよりリアルに感じられるはずだとも考えているようだ。

というのも本作がヒットしている理由のひとつとして、アクションやサスペンスのみならず、格差が広がる現代社会における問題や人間心理など、世界の人々の共感を呼ぶ要素も含まれていることが挙げられる。また、コン・ユ、イ・ビョンホンといった大物俳優たちが特別出演しているのにも注目だ。

世界で大ヒット中のドラマ『イカゲーム』は、Netflixで独占配信中。

TAGS