1位は約83億回再生 Spotifyで2020年に最も再生されたアーティストは?

音楽ストリーミングサービス『Spotify(スポティファイ)』が、2020年の音楽シーンを振り返るランキングを発表した。

【世界で最も再生されたアーティスト】に輝いたのは、83億回以上の再生を記録したプエルトリコ出身のラッパー Bad Bunny(バッド・バニー)。アルバム『YHLQMDLG』は33億再生を記録し【世界で最も再生されたアルバム】でも1位となっている。また、2位以下にはDrake(ドレイク)、J Balvin(J.バルヴィン)、Juice WRLD(ジュース・ワールド)、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)が続く。

Bad Bunny/YouTube

Juice WRLD/YouTube

そして【世界で最も再生された楽曲】の1位は、The Weekndの「Blinding Lights」で、約16億の再生回数を記録。続いてTones and I(トーンズ・アンド・アイ)の「Dance Monkey」、Roddy Ricch(ロディ・リッチ)の「The Box」、Imanbek(イマンベク)とSAINt JHN(セイント・ジョン)による「Roses(Imanbek Remix)」、Dua Lipa(デュア・リパ)の「Don’t Start Now」がランクインしている。

The Weeknd/YouTube

Dua Lipa/YouTube

なお日本国内のランキングでは、Official髭男dismが【国内で最も再生されたアーティスト】【国内で最も再生された楽曲】【国内で最も再生されたアルバム】で1位を獲得し3冠に輝いた。

【世界で最も再生された女性アーティスト】
1.ビリー・アイリッシュ
2.テイラー・スウィフト
3.アリアナ・グランデ
4.デュア・リパ
5.ホールジー

【世界で最も再生されたアルバム】
1.YHLQMDLG/バッド・バニー 
2.After Hours/ザ・ウィークエンド
3.Hollywood’s Bleeding/ポスト・マローン 
4.Fine Line/ハリー・スタイルズ
5.Future Nostalgia/デュア・リパ

※集計期間:2020年1月1日 – 11月27日
※2019年の結果はこちら

TAGS