Spotify、メタバース参入 K-POPのバーチャルハブ誕生となるか

Spotify(スポティファイ)が、音楽ストリーミングサービスとしては初となるメタバース(バーチャル空間の一種)への参入を発表。世界的に人気の高いゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」の中に、インタラクティブなバーチャル空間『Spotify Island』をオープンした。

ここでは、ファン同士が同じ空間でゲームやイベントを楽しめるだけでなく、「Roblox」ユーザー限定のコンテンツを提供。さらにオリジナルの音楽を作って遊びたいユーザー向けに、Spotifyの子会社「Soundtrap」の音楽生成技術を使った「バーチャル・ビートメーカー・ステーション」も用意されているという。

また今後は、『Spotify Island』内に特定の音楽ジャンルやカルチャーを軸にしたバーチャル空間「Artist Islands」を増やして行く予定だというが、そこでまず開設されるのが、K-POPアーティストに特化したバーチャル空間「K-Park」だ。

K-POPカルチャーの拠点となるこの空間には、日本でも人気のStray Kids(ストレイキッズ)やSUNMI(ソンミ)といった人気K-POPアーティストが登場。アーティストとファンが交流できる場となるそうだ。さらにユーザーは限定バーチャルグッズを手に入れることができたり、バーチャルK-POPカフェを訪れ、ダルゴナコーヒーやパッピンスなど、おなじみの韓国デザートメニューを楽しむことができるとのこと。

ユーザーにとっては音楽の新しい楽しみ方が増える一方、メタバース進出を狙いたいアーティストやレーベルにとっては、『Spotify Island』が新たなマネタイズシステムとなりえるか、注目だろう。

TAGS