“真の恐るべき目的”とは? クリス・ヘムズワース、超異質ミステリー『スパイダーヘッド』

「アベンジャーズ」のオリジナルメンバー、“ソー”として世界的人気と知名度を誇るクリス・ヘムズワースが主演・プロデューサーを務める映画『スパイダーヘッド』が、6月17日(金)よりNetflixにて独占配信される。

Netflix Japan/YouTube

舞台は近未来…とある孤島に怪しく佇む、最新鋭の機能を備えた「スパイダーヘッド刑務所」

“ある恐ろしい目的”を携えた天才的な男が管理するこの施設では、感情を操作する薬を投与するという人体実験が密やかに行われていた。服用した者は、笑いが止まらない、速攻で恋に落ちる、抑えきれない欲望や耐え難い恐怖を感じる。そして最悪の場合“死”が訪れるという副作用を持つ薬…。

予告編では、そんな施設での実験の一端が垣間見える一方、美しい風景や建物、音楽とのコントラストが、物語の異質さを加速させる。
ある日施設にやってきたのは、後悔してもしきれない過去の罪に苦しむ男。罪から逃れる術を探し求め、治験への参加を自ら志願する。「遅れてすみません」とつぶやく男に対し、にこやかな表情で「遅くない」と返す、クリス演じる男…。一見普通のやり取りだが、常に不可解さを醸しており、恐ろしい展開を予感させる。「注入?」「承認」と言質を取られ、薬を投与された者たちはもれなく変貌。その様子を、人間ではなく単なる実験体を眺めるかのような表情で見つめる男の表情が印象的だ。男の口からは、「大勢の命を救える」「世界を変えられるんだ」と“正しさ”を感じさせるセリフも飛び出す一方で、次の瞬間映し出されるのは、血だけがこびりついた無人の部屋…。「いい世界になる」と力説する男の行為は本当に正しいのか…。そして、男の“真の恐るべき目的”とは?

物腰柔らか“風”だが怪しさ満点な刑務所の管理者を演じているのは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作『ソー:ラブ&サンダー』(22)が控えるクリス・ヘムズワース。そして、人体実験を志願し、施設に波乱を巻き起こす男を演じるのは、『セッション』(15)、『ファンタスティック・フォー』(15)、そして『トップガン マーヴェリック』にも出演するなど演技力も折り紙つきの俳優マイルズ・テラー。監督は、『トロン:レガシー』(10)、『オブリビオン』(13)、そしてトム・クルーズ主演の話題作『トップガン マーヴェリック』(22)の監督も務める奇才ジョセフ・コシンスキー。さらに、斬新なキャラクターと展開で熱狂的ファンを生んだ『デッドプール』(16)、『デッドプール2』(18)の製作総指揮・脚本コンビ、レット・リース&ポール・ワーニックが脚本を務め、この不可解な物語を独創性豊かに彩る。

クリス・ヘムズワースが、これまで演じてきたどの役とも一味違う新境地に挑戦し、一流の制作者・俳優陣が集結し贈る絶対予測不能な“超異質”ミステリースリラー『スパイダーヘッド』は、6月17日(金)よりNetflixにて独占配信開始。

TAGS